【理学療法士科】サッカー部出身の在校生インタビュー★

こんにちは!理学療法士科です。
5月もまもなく終わり、運動部の高校3年生の方は、総体を控えているという方も多いのでは!? ベストが尽くせるように応援しています :-P

さて、今回は、高校時代サッカーを頑張りながら6月のAO入試エントリーをし入学した在校生をインタビューしました。
兵庫県立淡路三原高等学校出身 曽根 翔太くんです。 (写真右)

image1 (6)

ぜひ、参考にご覧くださいね!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

①なぜ理学療法士を目指しましたか?
小学校の時に祖父が脳梗塞で倒れ、そこからリハビリ生活が始まりました。その時お世話になったのが理学療法士の先生で、始めは単に凄いな かっこ良いな と見学していただけだったのですが、繰り返しリハビリの様子を見る度に、自分が理学療法士になって患者さんを助けていきたいと思うようになりました!

②高校生活はどう過ごしていましたか?
僕は小、中、高とサッカーをやっていました。特に高校ではサッカー部を中心に多くの仲間ができて、学校生活は充実していました。

③なぜ三田校を選びましたか?
県内では唯一の4年制の学校で、じっくり時間をかけて学ぶことができると思ったからです。実際に患者さんが学校にモデルとしてきて下さり、様々な検査やリハビリを実践できることも決め手でした。さらに、僕の場合寮があることも大きく、先輩や同級生と共に暮らす中で勉強習慣の確立ができている、と実感しています!

④理学療法士を目指している高校生の皆さんに一言!
理学療法士になるための勉強は簡単ではありませんが、苦しくなった時は同じ目標を持った仲間たちが側にいます。クラスの雰囲気は前向きで、この三田校で出会った仲間は一生の宝だと思っています!
理学療法士を目指している高校生の皆さんも、一緒に頑張りましょう!

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

いかがでしたか?

三田校では、曽根くんのようにクラスメイトや先生と一緒に目標に向けて頑張っている方が多くいます(^^)/

オープンキャンパスでは、体験授業や校舎見学を通して学校の雰囲気が分かります★

ぜひ、来てみてくださいね :-P

6/3(土) 12:30~16:00 「理学療法実践 ~車椅子を体験してみよう!~」

6/4(日) 12:30~16:00  「理学療法実践 ~検査にチャレンジ~」

詳細・ご予約はこちらから♪