リハビリ系への進学をお考えのみなさんへ~理学療法士と作業療法士の違いって?~

こんにちは!入学事務局の馬本です。

11月も残りあと1週間となりました。高校3年生の方、また社会人の方の進路も固まってきたのではないでしょうか。

さて、ここでみなさんに質問です。

「理学療法士と作業療法士の違いは何でしょうか?」

・・・答えられなかったそこのアナタ!リハビリ分野で迷っているそこのアナタ!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

理学療法士も作業療法士もリハビリの目的は同じ。

そう。理学療法士と作業療法士のリハビリの目的は、どちらにとっても「患者さんが元の生活に戻れるようにすること」なのです。しかし、その使う方法が違ってきます。

それぞれに異なった方向から治療に取り組むことで、患者さんの早期かつ十分な身体の回復を助けます!

理学療法士とは、基本的なカラダの動きの回復を目指す!

pic1

「立つ」「歩く」「座る」「階段を昇る」など、ヒトの基本的な動作のリハビリを行うのが理学療法士の仕事です。治療の方法は、マッサージやストレッチ、電気などを使った物理療法が中心です。働く場所は、病院が最も多いですが、プロスポーツチームの専属トレーナーとしても活躍は可能で、スポーツ業界まで就職先は広がります。

作業療法士は、カラダとココロを支えるスペシャリスト!

pic2

作業療法士は、患者さんの日常生活での動作回復を目指します。「ベッドから降りる」「服を着る」「ご飯を食べる」といった生活に結びついたリハビリが中心になり、ほかにも趣味や仕事に必要な細かい動きの回復をサポートします。その方法は、ものづくりやレクリエーション、福祉用具などさまざま。また、理学療法士と違って、うつ病を含む精神的な疾患に対するケアもしていきます。カラダとココロに合わせた治療で患者さんの生きがいを支えるのが作業療法士なのです!

いかがでしたか?

リハビリ分野で迷っている人は、これを参考にぜひ自分と向き合ってみてくださいね★

理学療法士学科ページはコチラ

作業療法士学科ページはコチラ