【理学療法士科】冬休みに入りました♪

こんにちは!理学療法士科教員 天埜です。

12月に入り、あわただしい季節となりました。理学療法士科では後期の授業も佳境に入り、学生達は忙しい毎日を過ごしていると思います。今月の写真は理学療法士科2年生の「動作観察・分析学Ⅰ」という授業で小テストを行っている場面です。授業内容の理解度をチェックするために、授業開始や終了時によく小テストを実施します。

しっかりと復習して点数の取れる学生、小テストでは残念な点数でも期末試験ではちゃんと点数を取ってくる学生、小テストも期末試験も両方残念な学生。多種多様ですね。

いずれにしましても、この学生達の真剣な表情。この表情が大好きです。点数取れる学生も取れない学生も皆真剣です。普段は明るく賑やか過ぎる学生も、試験のときだけは見たことも無いような真剣な表情を見せてくれます。こんな表情を見ていると、もっともっと頑張って色々なことを伝えていきたい、もっともっと分かりやすく工夫していきたい、という気持ちになります。

年が明け、2月に入ると後期末試験が始まります。テスト勉強のエンジンがかかるのが遅く、試験結果が思わしくなかった学生も少なくありません。季節がらX’masやお正月でなかなか勉強に集中しにくい時期ではありますが、学生達には「この冬をどう過ごすか、それが分かれ道。君達の正月は国家試験合格した暁にやってくる!」と発破をかけています。

みんなの頑張りが実を結びますように。

う

バナー資料請求