【言語聴覚士科】徹底解剖!専門学校生の1日スケジュール~転職編~

皆さんこんにちは!

今回のブログは専門学校への進学、転職を検討される社会人の方からのご質問で多い、

「言語聴覚士になるためにはどんな勉強をするのか?」

「アルバイトをする時間も取りながら学べるのか?」

という疑問にお答えする、在校生の1日スケジュールのご紹介です。

 

今回お答えいただいたのは、佐賀県出身で現在は三田市から通われている金子さんです!

図1

金子さんは工業高等専門学校を卒業され、大手企業で化学品製造に携わる仕事をしていたところから言語聴覚士への転職を考え、入学されました。

勤務先での避難訓練で人と連携を取った時、「人を助ける仕事についてみたい」という思いが沸いてきたとのことです。日常のふとした瞬間に、人生を変えるきっかけがあるんですね。

そんな金子さんの1日のスケジュールはこちらです!

スケジュール

 

Q.三田校言語聴覚士科を選んだ理由は?

A.オープンキャンパスに2回参加し、先生と学生の関係がよく、学ぶ環境が整っていると確かめられたのと、言語聴覚士になった自分を想像することができたからです。

 

Q.好きな授業はありますか?

A.「失語症」と「解剖学」です。まず失語症は、コミュニケーションの取り方や、症状について学び、グループワークで話し合うことも多く、スキルアップできるのでやりがいがあります。また、解剖学は表情を作る、食べる、噛む、飲み込む、といったときに使う顔や喉の筋肉について学び、構造がわかるのが面白いです。

図2

金子さん、ありがとうございました :-P

興味ある分野で新たな知識を日々得ていくのは、社会人の方にとっても刺激となっているようですね。

他にも、自宅通学している学生や、主婦業と両立している学生を過去に紹介していますので気になる方はチェックしてみてくださいね!自分のペースで勉強も生活も組み立てていけるのも、4年制のカリキュラムならではですね!

もっと詳しく言語聴覚士科の授業や生活を知りたい方はこちら!