【言語聴覚士科】現場で活躍中の卒業生ご紹介!

こんにちは。入学事務局の馬本です。

本日は、リハビリテーション病院の現場に出て2年目の本校卒業生、一見さんをご紹介致します!

その前に、まずはみなさんに言語聴覚士がどんなお仕事なのか、お伝えしたいと思います。

「言語聴覚士ってどんなお仕事?」

コミュニケーション障がいや食べることの障がいを支える専門職です。

例えば、自分の気持ちを「はい」「いいえ」ですら伝えられなかったり、大好きな食べ物が食べれずに鼻やお腹から管を通して栄養をとったり、家族や友達の声も聞こえない音のない世界で生活したり・・・このようなもどかしさを感じて生きている人たちをサポートすることが、言語聴覚士のお仕事なのです。

言語聴覚士がどんなお仕事なのか、イメージできましたか?では、早速、一見さんに現場の話を聞いてみましょう♪

b

Q1.どんなお仕事をされているのですか?

主に嚥下(※物を口に入れたあとの飲み込む動作)障害の担当をしています。
私は、特に重度の障害をお持ちの方に接することが多く、患者さんの状態を悪化させないようなリハビリ方法や食事方法を提案しています。

Q2.なぜ言語聴覚士になろうと思ったのですか?

しゃべることが大好きなので、世の中に障害を持つことでしゃべることができない人がいることに衝撃を受けて、「助けたい」と思うようになったからですね。今は、「話す」リハビリではなく、「食べる」リハビリをしていますが、嚥下障害は特に言語聴覚士が専門とする分野なので、誇りに思って現場にいます。
a

Q3.この仕事のやりがいは何ですか。

患者さん本人だけではなくご家族にも「ありがとう」と言っていただけることです。私は、重度の患者さんに携わっていて、現場に入ってすぐの頃は自分にできることが何か分からず、ただただ辛いと思って過ごしていました。しかし、今はどう残りの人生を楽しんでもらえるか、常に考えて患者さんには接しています。最近、すごく嬉しかったのが、何を話しても無表情だった高齢の方が私が接し続けたことで笑顔を見せるようになったことです。「言語聴覚士と人」を越えて「人と人」の付き合いになっていますね。

Q4.最後に、現場に出てから思うなりたい言語聴覚士像を教えて下さい!

学生の頃はただただ、「何でもできる完璧な言語聴覚士」になることが目標でした。
でも、今は、本人だけでなくご家族にもあなたで良かった、と思っていただけるあたたかいセラピストになりたいと思っています。

いかがでしたか?言語聴覚士として働く、誇りと厳しさを知っていただけたのではないでしょうか。言語聴覚士に興味を持ったそこのアナタ!ぜひ学科ページを参考にしてみてくださいね。

言語聴覚士科ページはコチラ!

職業体験から入試対策までできるオープンキャンパスのご案内はコチラ!