【言語聴覚士科】海外研修レポート☆講義編☆

こんにちは!
言語聴覚士科3年生が無事、帰国しました!!
学校に戻って、海外研修で学んだことを活かしながら勉強に励んでいます。

それでは、そんな学びのひとつとして、今回は海外研修での
講義内容をご紹介します☆

 

小児の摂食障害

小児の摂食障害について講義していただいたのですが、日本ではなかなか学べない分野だったので、学生は興味津々でした。

また、Ballarat Regional Integrated Cancer Centre(BRICC)という癌治療専門の病棟で、喉頭癌摘出手術後に必要な言語病理学者のアプローチについても学びました。

 

ST ブログ1

*写真の小さな部品は、声帯を摘出した方に新しく音源を設けるためのものです。

 

STブログ2

AACと呼ばれる拡大代替コミュニケーションツールもオーストラリアでは多様化しており、色んな可能性を患者さんに提案できるということを知る機会となりました。

ST

ST

最後はみんなで集合写真!おつかれさまでした!!

オーストラリアの医療を学ぶだけではなく、日本の様子も伝え、とても良い意見交換ができました♪

海外研修のこれまでの記事

▼前回の出発編はこちらから、
▼研修・交流編はこちらからご覧ください☆

もっと詳しく言語聴覚士科を知りたい方はこちら

オープンキャンパス情報はこちらから♪
オープンキャンパスで来校した際には
ぜひ海外研修中のビデオを見て帰ってくださいね:-)!!