【言語聴覚士科】子どもの訓練室探検☆

こんにちは!入学事務局の居村です。

 

今回は夏休み特別企画☆

先生と3年生の先輩が言語聴覚士科の実習設備を案内してくれました!

言語聴覚士科にはわくわくするような実習室がいっぱいあります!

今回は「小児訓練室」編!

「子どもへのリハビリ」に興味のある方必見です♪

図1

小児訓練室とは、お子さんのリハビリをする部屋です。

まずはこちら↓何をしているところでしょうか?

図2

こちらは木のパズルを使って脳の運動を促しているところです。

発達障害をもつお子さんへのリハビリとして、おもちゃを活用し、遊びを通じて脳の発達の訓練をしているんですね。

 

続いて、こちらの写真↓何をしているでしょう?

図3

こちらは、「おままごと」のシミュレーションをしている場面です。

発達障害によりコミュニケーション不安をもつお子さんの訓練には、「ごっこ遊び」が用いられます。

「ごっこ遊び」は「役割を演じる」ことで他人の立場から物事を考える練習となる重要な遊びです。

「おままごと」などの遊びを使ってお子さんのリハビリを行うんですね。

 

最後にこちら!↓

図4

マジックミラーになっていて、隣の部屋からお子さんへのリハビリの様子が見られるようになっているのです。

実際に外から観察している先生や学生からフィードバックをもらいながら学びを深めます!

 

いかがでしたでしょうか?

次回は言語聴覚士の使う「機械」を紹介します☆

お楽しみに!

 

もっと詳しく言語聴覚士のことを知りたい方はこちらから♪