作業療法士科の在校生の声

The voice of the current students of the Department of Occupational Therapists

先生と先輩の関係が温かく感じられたことが決め手です。

作業療法士科 藤原 貴恵さん
鳥取県立鳥取商業高校出身

作業療法士を目指すと決めてから、資料請求は6校ほど行い、オープンキャンパスにも3校参加しました。その内、最後に参加したのがこの学校で、4年制で先輩が親身に私の質問に応じてくださったこと、先生と先輩の関係が温かく感じられたことが決め手です。
理学療法士、言語聴覚士、救急救命士など、他学科の情報を得られることも入学してからメリットに感じています!


整った設備環境で、チームで働くこと

作業療法士科 中山 優衣さん
兵庫県立兵庫工業高校出身

学校の雰囲気だけでなく、先生や先輩が丁寧に学校のことを教えてくれる雰囲気が決め手でした。整った設備環境で、チームで働くこと、他のリハビリスタッフと連携する大切さを今は学んでいます。
高校生の皆さん、たくさん悩んで自分が本当にしたいことをのびのびできる学校を見つけてください!応援しています!


「患者さんの心にもアプローチできる」作業療法士の魅力

作業療法士科 古丸 由美子さん
兵庫県立社高等学校出身

元々、美容師になろうと考えていたのですが、作業療法士を知り、6月に入ってから目指そうと考え始めました。
周りが進路を決めていく中で焦りもありましたが、「患者さんの心にもアプローチできる」作業療法士の魅力をオープンキャンパスで教えてもらい、決心できました。


より患者さんとの距離を近く感じられる、作業療法士に決めました

作業療法士科 岡 香里さん
兵庫県立伊丹北高等学校出身

理学療法士と迷っていたので、2学科のオープンキャンパスに参加してどちらが向いているか考え、身体、心、生活に関わり、より患者さんとの距離を近く感じられる、作業療法士に決めました。
いろんな学科の先生や先輩と話せたり、授業を聞き比べられたのがよかったです。


会話を通じていろいろな世代の方の役に立てる作業療法士になる

作業療法士科 臼井 日菜さん
兵庫県立社高等学校出身

「会話を通じていろいろな世代の方の役に立てる作業療法士になる」夢を叶えるために、書道部の活動を続けながら、何度もオープンキャンパスに参加しました。
先輩方の雰囲気が好きで、学校生活のことや自分の進路選びの話も聞けたのがよかったです。


気持ちも落ち着けてAO入試エントリーに臨めました。

作業療法士科 中林 健吾さん
兵庫県立宝塚高校出身

高校時代はアルバイトをしていて、進路について考え始めたのは遅く、周囲も決め始めていた夏に初めてオープンキャンパスに参加しました。
早く進路を決めたい!という焦りもあったのですが、この学校では先生に質問がしやすく、答えるときも丁寧だったので不安な気持ちも落ち着けてAO入試エントリーに臨めました。
入学してからも感じていたとおり、わからないことはすぐに質問できるのでよかったです!