幅広い就職や大学院進学への道を開く、大学卒業同等と認められる「高度専門士」

卒業と同時に「高度専門士」の称号を附与、幅広い就職や、大学院進学への道を開きます。

本校を卒業すると「高度専門士」の称号が附与されます。この称号を得ることで「大学卒業者と同等の学力を有する」と認められます。

「高度専門士」の称号の附与の流れ

即戦力となる作業療法士を目指し4年制に決めました。

作業療法士科4年生 福羽みのりさん作業療法士科4年生

作業療法士科4年生 福羽 みのりさん
兵庫県立三田祥雲館高等学校出身

卒業後は即戦力となる作業療法士になりたいと思い、実習の多い4年制の三田校に入学しました。1年次から専門的なことを学ぶので、実践的な考えを持てるようになってきたな、と実感しています。三田校は医療系学科が揃っているので、学生の内から他職種との連携を意識できるのが魅力だと思います。

作業療法士科

Occupational Therapist

じっくる学べる実習授業、充実の4年制カリキュラム

作業療法では、さまざまなリハビリの手段を治療に用いるので、多くの治療技術の修得が必要になります。本校は1年次から見学実習や演習授業を行うため、ひとつずつ確実にスキルアップができます。4年間で、現場で即戦力として活躍できる確かな知識・技術を身につけます。

1000時間を超える豊富で多彩な実習で実践力を養う

段階的な実習で、着実に知識と技術を身につける

1年次から見学実習を行い、現場を体験します。学年を追うごとに実習の内容と期間をステップアップしていき、4年かけてじっくりと作業療法士が関わる領域を学びます。臨床現場を数多く体験し、身体と心をサポートできる作業療法のスペシャリストを目指します。

1年次から4年次までの実習のグラフ

見学実習の様子
見学実習
3年次からの臨床実習に備えて、1・2年次に見学実習を実施しています。医療人としてのマナーや言葉遣い、コミュニケーション能力を身につけると共に、実際の現場にふれることで学習意欲を高めます。
地域作業療法学実習の様子
地域作業療法学実習
自宅での患者さんが、どんな支援を求められているのかを訪問リハで学びます。日常生活はもちろん、趣味や仕事にも関わる作業療法士の役割を学びます。
長期臨床実習の様子
長期臨床実習
作業療法士に必要な『こころを学ぶ』精神障がいの分野と、『身体を学ぶ』身体障がいの分野で、3年次に6週間、4年次に16週間の臨床実習を実施。

PICK UP患者さんを招いたモデル実習

患者さんを招いたモデル実習

学内実習では、知識・技術を高めるため、患者さんに来校していただき、実技実習を行います。評価・プラン作成・治療までの一連の流れを学内でしっかり身につけるので、学外実習での学びがより深められます。

理学療法士科

Phyaical Therapist

他学年合同演習

学年を越えた演習で縦の連携を学ぶ

1・2・3年生がグループごとに行う演習です。3年生は、後輩へ指導を行い、1・2年生は、先輩からの指導を受けることで、先輩・後輩という縦の組織の中での連携を学んでいきます。他学年合同演習は、お互いの知識を高める良い機会にもなり、また、先輩と後輩のコミュニケーションの場にもなります。

この演習では・・・

学年を越えた演習で縦の連携を学ぶ

先輩:
自分が授業で学んだことを後輩に分かりやすくレクチャーすることが大切。
後輩:
先輩の指導に対して、分からない箇所を質問したり、自分で学習することが大切。

PICK UP!患者さんを招いての実践授業

患者さんを招いての実践授業

直接患者さんと接する臨床実習教育を通じて専門的知識や技能を高めます。さらに医療専門職にふさわしいマナー、心遣いを養います。

言語聴覚士科

Speech Language Hearing Therapist

1年次から始まる豊富な学外実習と実践的な学内実習で、現場に強い言語聴覚士を育てます。

全国トップクラス、800時間の学外実習

1年次から、病院や施設への学外実習と、学内での「シミュレーション実習」をスタート。800時間を超える圧倒的な実習時間の中で、早い段階から多くの現場経験を積み、たくさんの患者さんと接することで、実際の現場で対応できる「即戦力」を養います。 また、1年次から段階的にレベルアップしていくため、無理なく確実に知識、技術を身につけることができるのも、4年制ならではの強みです。

小児実習の様子
子どもから高齢者の方までさまざまな患者さんと接します
授業の一つとして、実際の患者さんに来校いただく「小児実習」や「成人実習」などを実施。子どもから年配の方まで多くの患者さんと接し、現場に近い環境で言語聴覚士としてマインドや専門スキルを養います。
補聴器特性測定装置の実習
最新の検査機器に関する知識、操作方法もしっかり修得
オージオメーターや「補聴器特性測定装置」など、最新の検査機器を扱う実習も豊富。しっかりと基礎知識を学んだ上で、患者さんの症状の評価・観察を行うための専門スキルや検査機器の扱い方などを修得します。

学内実習:実践的な実習をくり返し行い、学びを深めます

学外実習で体験したことをくり返し復習し、学びを深めていきます。学外実習時に感じた課題も解決でき、次に向けてのスキルアップが図れます。

小児実習の様子
小児実習
3年次には一年間を通し、グループで一人の子供を担当します。保護者の方へ面接を行い、子供の発達段階に合わせて訓練内容を検証します。訓練計画を立てるなど、臨床現場を想定した実技演習を行います。
成人実習の様子
成人実習
実際の患者さんに来校していただき実習を行います。患者さんへ面接や検査を行い、問題点を把握して訓練計画を立てます。技術の向上だけでなく、患者さんの心に寄り添うコミュニケーション能力を養います。

チーム医療を実習で学ぶ

learn in practice the medical team

地域の患者さんにご協力頂き、講義と実習でチーム医療を実践的に学ぶ。

チーム医療の実習の様子
他学科との合同実習で、チーム医療を学ぶ
作業療法士科・言語聴覚士科・義肢装具士科4年制の学生と合同で行う「関連職種連携」では、地域の患者さんに来て頂き、チーム医療を実習で実践的に学びます。理学療法士として他職種との関わり方を学ぶことで、現場に出てもスムーズに対応できる能力を身につけます。

チーム医療への理解を深めることができます。

理学療法士科卒業(2015年) 上原慎哉さん

理学療法士科卒業(2015年) 上原 慎哉さん
京都府立綾部高等学校出身

他の専門職との連携において、お互いの意見を共有することの難しさを改めて学びました。検査結果からどのようなアプローチを導きだせるのか。検討したことは大切な思い出です。