本校が求める学生像アドミッションポリシー

Admission Policy

理学療法士科

方 針

三田校理学療法士科は、県下唯一の4年制育成の専門学校として、知識と技術はもちろんのこと、医療系職業人としての人間形成に練磨育成し、その資質を兼ね備えた卒業生を練磨育成して医療・福祉業界に輩出しています。

三田校理学療法士科は、その根本となる教育理念として「個別性の尊重」「行動の自律から個の自立へ」を掲げております。主体性を基本とした個性を活かした個々の繋がりを享受し、調和の心を共感できることの尊さを知る。そして、その共感の中に社会人として自立した自分を喜ぶことができるように育ってほしいと願っています。東北大震災を経験して我々が感じたこと、「社会貢献」。自分達の社会を作り守ることのできる一員となり、共働できる人材育成学科でありたいと考えています。

本学が提唱する人間形成、あるいは社会適応のための行動変容には、個別性を重視した指導機会、更には絶対的に時間が必須だと考えています。本学では、4年制という時間の最大利点を活かして、他に類を見ることのない授業時間数を確保しています。その授業の中で、記憶知識はもちろん、理学療法士としての思考育成と思考修正を重点的に指導しています。また授業時間以外では、社会人代表である本学教員や関連職種他科教員との積極的に関わりをもつことができる校風のもと、学生達は礼儀や社会適応力を日々育んでいます。

本校が求める学生像

  • 目指す職業を理解し明確な目標を持っている
  • 対人援助職としての資質・素養がある
  • 基礎的な学習習慣を有している人

作業療法士科

方 針

身体や精神に障害のある人がその人らしく主体性を持った生活を送れるように作業活動を介して治療,援助する作業療法士の育成を目的とします。疾病を罹患したり障害を抱えた人が日常生活で直面する“生活のしずらさ”を身体面、精神面、環境面、社会的側面から分析、その人がその人らしく生きて行く方法を見いだしていく高度な専門知識と技術に加え、人間の尊厳を敬う心を持つ作業療法士の育成を目的としています。

本校が求める学生像

  • 様々な人と接することが好きで、気持ちや思いに寄り添い、その生活と日々の作業に興味を持ち続けられる人
  • 自分の行動や選択に責任を持ち、何事にも継続して努力することができる人
  • コミュニケーションを積極的にはかり、チーム医療の一翼を担える人
  • 時間を有効活用し、努力の積み重ねが出来る人
  • コミュニケーションに長け、チーム医療の一翼を担える人

言語聴覚士科

方 針

病気や事故、あるいは発達の遅れなどによりコミュニケーション障害や摂食・嚥下障害を持った方に対し、その能力や機能を獲得・回復・維持していく専門職の養成をします。また、専門的知識や技術の習得だけでなく医療・福祉のスタッフと連携を取りつつ、相手の立場に立って考えることができ、その家族とも信頼関係を築くことのできる人間性を育てます。そして、卒業と同時に国家資格を取得し、即戦力として現場で働くことのできる豊かな社会性を身につけた言語聴覚士を養成します。

本校が求める学生像

  • 人を大切にする心と姿勢を持つ
  • 協調性のあるコミュニケーションスキルを持つ
  • 自ら学び、向上する主体性を持つ
  • 探究心・研究心を持つ

救急救命士科

方 針

現場から医療機関搬送までの病院前救護を担っています。傷病者の症状・状態等と観察し、的確に判断・処置を施し搬送する。医療人として知識・技術の習得だけではなく人間性豊かに、生涯学び続ける姿勢を持つ人材を育成することを目標にしています。

本校が求める学生像

  • 人命を尊重し病院前医療の現場で活躍することを目標に努力を惜しまない人
  • 救急救命士に必要な知識やスキルを身につけるために、意欲的に取り組む人
  • 主体性を発揮し協調性に優れ、コミニュケーション能力を持っている人
  • 基礎的な学力を身につけ、基本的な生活習慣が確立している人

義肢装具士科4年制・義肢装具士科

方 針

義肢装具士は障害の状況(病状・症状)を理解し、身体に適合した義肢装具を提供する。義肢は失った手足の機能を代替したり、欠損を補填するもので、装具は機能の回復や低下を抑制するもので疾病の治癒や障害者の自立に欠かせないものである。義肢装具やその治療法は、常に進歩するため義肢装具士は積極的に学ぶ姿勢が必要。義肢装具士は患者様や障害者の方々とその家族とのコミュニケーションを取り信頼関係を築き、関連職種の意見に耳を傾けリハビリテーションを円滑に行う。

本校が求める学生像

  • 職業を理解し明確な目標を持っている人
  • 対人援助職としての資質・素養がある人
  • 積極的に学ぶ姿勢がある人
  • ものを作る事が好きな人

整形靴科・整形靴科1年制

方 針

近年、予防医学の観点から足と靴に対する関心が高まっており、靴の相談に乗り、その人に合った靴を選ぶことのできる技術者が求められるようになってきている。また、足の変形や障害に対応できる整形靴などの製作技術者も不足している。本学科では、医療・健康・福祉の視点から、その人に合った靴を選ぶだけでなく、医学的知識・靴専門知識をもとに足のカウンセリング、靴のデザイン、調整、足の採型から木型を起こし、整形靴の製作までを行うハイレベルな足と靴の専門技術者の養成を目指している。靴製作の技術に興味があるというだけでなく、お客様との会話、職場の仲間・関係職種と連携するために、コミュニケーション力の大切さを理解し、 身につけようとしている人、この仕事に就きたいというやる気・意欲・覚悟を持っていて、そのために努力を惜しまない人と一緒に学びたいのです!

本校が求める学生像

  • 笑顔で挨拶ができ、コミュニケーションが取れる人
  • 教員の指示を注意深く聞き、指示通りに作業を進めることができる人
  • 整形靴技術がどんなものか、また、整形靴技術者がどのような職業を理解した上で、自分の将来像をイメージできる人
  • 夢を叶えるため努力を惜しまない意欲と覚悟をもっている人
  • 整形靴技術者の仕事にコミュニケーション力が欠かせないことを理解し、身につける努力ができる人

特別授業スケジュール表
はこちらから

プレカレTOPに戻る