【介護福祉士科】就職内定者速報①~9年連続★就職率100%を目指して~

団塊の世代(現在、国内で最も人口が多い世代)が75歳以上になる2025年までに、
介護職があと38万人も必要だと言われており、
神戸医療福祉専門学校中央校にも全国各地の福祉施設から多くの求人を頂いております。

昨年度は670件の福祉施設から求人を頂きました。

これは介護福祉士科2年生を定員40名で換算した場合、
1人当たり17件の福祉施設の中から、クラスメイトと重複することなく
就職したい福祉施設を選べるという計算になります。

まさに介護福祉士は、「これからの時代、就職には困らない」と言っても過言ではありません。

本校の介護福祉士科2年生も続々と就職内定が決まっていますので、
どんどん紹介していきたいと思います!

【介護福祉士科】就職内定者速報①~9年連続★就職率100%を目指して~

先ず、1人目は廣石 祐輝さん(兵庫県立神戸鈴蘭台高等学校 出身)、
就職内定先は高齢者施設、障がい者施設、救護施設など、複数の福祉施設を展開されている
社会福祉法人 阪神福祉事業団です。

Q1.そちらの福祉施設に就職したいと思った理由は?
A.高齢者分野や障がい者分野など、様々な事業を展開されており、1年毎に他の分野に異動することも可能だと就職フェアで話を聞きました。私は様々な利用者の方と関わりたいと思っているので、是非こちらで働かせて頂きたいと思いました。また、施設の雰囲気も利用者さんと職員さんという垣根を越えて、「人と人との関わり」をとても大事にされているように感じたのも魅力的だと思いました。

Q2.これからどのような介護福祉士を目指していきたいですか?
A.こちらの施設では年に1回、介護の事例に関する発表会があるので、その場で自信をもって発表出来るような介護をしていきたいと思っています。

只単に就職するだけでなく、学生さんが「ここで働きたい!」と思えるような、
「第1希望の就職率100%」を今年も目指して、しっかりサポートしていきます!

★介護福祉士科で学ぶ勉強内容について詳しく知りたい方はコチラ★

★介護福祉士科のオープンキャンパスの日程はコチラ★