【介護福祉士科】就職内定者速報②~9年連続★就職率100%を目指して~

団塊の世代(現在、国内で最も人口が多い世代)が75歳以上になる2025年までに、
介護職があと38万人も必要だと言われており、
神戸医療福祉専門学校中央校にも全国各地の福祉施設から多くの求人を頂いております。

昨年度は670件の福祉施設から求人を頂きました。

これは介護福祉士科2年生を定員40名で換算した場合、
1人当たり17件の福祉施設の中から、クラスメイトと重複することなく
就職したい福祉施設を選べるという計算になります。

まさに介護福祉士は、「これからの時代、就職には困らない」と言っても過言ではありません。

本校の介護福祉士科2年生も続々と就職内定が決まっていますので、
どんどん紹介していきたいと思います!

今回紹介させて頂くのは若林 優奈さん(兵庫県立加古川南高等学校 出身)、
就職内定先は一般社団法人こころという障がい者支援施設です。

【介護福祉士科】就職内定者速報②~9年連続★就職率100%を目指して~

Q1.こちらの福祉施設に就職したいと思った理由は?
A.私自身が家族との関わりを大切にしたいので、就職は絶対に地元でしたいと思っていました。また大規模な福祉施設ではなく、どちらかと言えばアットホームな雰囲気の職場で働きたいとも思っていました。その方が利用者の方1人ひとりとしっかり関われると思ったからです。この話を担任の先生に相談すると、こちらの施設を薦めて下さり、アルバイトをし始め、そのまま就職内定を頂きました。地域との関わりが強く、施設長の方も現場に携わっていらっしゃり、心から温かい感じで利用者の方と接しておられる姿を見て、絶対ここで働きたいと思うようになりました。

Q2.これからどのような介護福祉士を目指していきたいですか?
A.中にはコミュニケーションが難しい利用者の方もいらっしゃいます。私はこの学校で学んだことや、レクリエーションインストラクター、特技(絵を描くこと)を活かし、様々な方法で、利用者の方としっかりコミュニケーションが取れる介護福祉士になりたいと思います。

只単に就職するだけでなく、学生さんが「ここで働きたい!」と思えるような、
「第1希望の就職率100%」を今年も目指して、しっかりサポートしていきます!

★介護福祉士科で学ぶ勉強内容について詳しく知りたい方はコチラ★

★介護福祉士科のオープンキャンパスの日程はコチラ★