介護福祉士と社会福祉士で迷っている高校生の方へ★両方の国家資格をもつ先生に突撃インタビュー!

介護福祉士科2年生担任の由良和也先生は、神戸医療福祉専門学校の卒業生で、
国家資格「介護福祉士」「社会福祉士」、さらに「ケアマネージャー」の“トリプルライセンス”の持ち主☆

IMG_5459

大学生の時に阪神淡路大震災が発生。

寒さに震える高齢者の方や障がいがある方を目の当たりにし、
その衝撃から、「自分も人の為になる仕事がしたい」と思い、
ボランティア活動を始めたものの、当時は福祉の道を歩む自信がなく一般企業に就職。

IMG_5590

しかし社会人生活を送る中で、「人の為になる仕事がしたい」という想いが捨て切れず、
神戸医療福祉専門学校に入学し、卒業後は高齢者施設での実務経験を経て、
「介護福祉士」「社会福祉士」「ケアマネージャー」のトリプルライセンスを取得。

AO対策2

そんな由良先生に、それぞれの資格の違いについてインタビューしてみました!

ブラインドウォーク3

私はもともと、介護福祉士=介助業務、社会福祉士=相談援助・人の相談にのる仕事、ケアマネージャー=個別支援計画を立てる仕事と、3つの資格を分けて考えていました。

しかし実際に福祉現場で仕事をしていく中で、この3つの資格は別々に独立しているわけではなく、
実は一本の線でつながっているということに気が付きました。

福祉職の最大の目的は「利用者さんが安全に楽しく生活して頂くためのサポート」をさせて頂くことだと思います。

その為に最も必要なことは「利用者さんのことをよく知る」こと。

そして利用者さんのことをよく知る為に必要なのはテクニックではなく、「利用者さんの生活に寄り添う」ことだと思います。

私は利用者さんの食事、入浴、排泄などの日常生活の介助を行っている「介護福祉士」は、
「利用者さんの生活に寄り添うプロフェッショナル」だと思っています。

だからこそ「介護福祉士」は「社会福祉士」や「ケアマネージャー」と連携しながら
「生活に寄り添った介助」を基本とすることが一番大切なことだと思います。

レク2

由良先生、ありがとうございました。

お菓子レク1

■介護福祉士科の勉強内容についてもっと詳しく知りたい方は★コチラ★

■介護福祉士科のオープンキャンパスの日程は★コチラ★

■介護福祉士科についてLINEで直接お問い合わせが可能に!★詳しくはコチラ★

■介護福祉士科のリアルな学生生活をリアルタイムにツイート!Twitterの公式アカウントは★コチラ★