【精神保健福祉士科】在校生インタビュー②入学時57歳★将来の夢は“本当に支援を必要とする方”のサポートを!

夜間1年制で国家資格を目指す神戸医療福祉専門学校中央校の精神保健福祉士科(大卒課程)★
毎年様々な人生経験をもつ、様々な年齢層の学生さんが入学しています。

今回は57歳の時に入学された林 りえさん(津田塾大学卒業)にインタビューをしてみました☆

【精神保健福祉士科】在校生インタビュー②入学時57歳★将来の夢は“本当に支援を必要とする方”のサポートを!

実は林さんは入学する2年前から学校説明会に参加されていましたが、
どうしても仕事との両立が難しいと断念されていました。
昨年の秋頃に退職したのをきっかけに、次は転職するのではなく、
以前から興味があった精神保健福祉士にチャレンジしたいと思い、
今年4月に入学されました。

Q1.入学前どのような不安がありましたか?入学後はどうですか?

A.「就職出来るのか?」「1年間続けられるのか?」入学した今でも不安は残っています。でも入学前に先生が「就職のサポートはしっかりとする」と言って下さったことで1歩踏み出すことが出来ました。また、実際に入学してみると、クラスメイトには同じ様な年齢の方が他にもいらっしゃいますし、クラスの雰囲気はとても良いので、みんなで励まし合いながら一緒に頑張れています。

Q2.将来の夢は?

A.精神障がいで悩まれている方は本当にたくさんいらっしゃると思います。その中でも自分ではどうしたらいいか分からず、病院に行けていない方や、福祉制度を利用出来ていないような方も多数いらっしゃると思います。私はそのような潜在層“支援を必要とする方”のサポートが出来るような精神保健福祉士になりたいと思っています。

林さん、ご協力頂き、誠にありがとうございました!

★精神保健福祉士科の1年間の流れについて詳しく知りたい方はコチラ★

★6/25(日)14:00~卒業生講演会「40歳代で入学★家庭と両立しながらの学生生活について」のお申込はコチラ★