【精神保健福祉士科】在校生にインタビュー★業界アルバイト紹介制度について②★

夜間1年制で働きながら国家資格の取得を目指せる神戸医療福祉専門学校中央校の精神保健福祉士科★
例年、大学を卒業してすぐの学生さんが多く入学されています。

そして今回は本校独自の「業界アルバイト紹介制度」を利用して、
充実した学生生活を送っている学生さんを紹介します。

【精神保健福祉士科】在校生にインタビュー★業界アルバイト紹介制度について②★

今回紹介させて頂くのは井上美華さん(入学時22歳*大卒後すぐ)です。
アルバイト先は社会福祉法人 神戸光有会 アルブル夢野です。

Q1.業界アルバイトにチャレンジしようと思った理由は?
A.大学の授業で学んだのは「医療分野」の仕事内容だったので、「福祉分野」の仕事内容も在学中に学んでおきたいと思ったからです。

Q2.1日の流れは?
A.9:00にアルバイト先に到着し、スタッフの方とのミーティングの後、10:00~利用者の方との“朝の会”があります。その後、近隣や公園の清掃を行い、昼食後は併設カフェでの業務を行います。15:30に利用者の方が、ご自宅に帰られ、掃除などをし、アルバイトが終了するのは17:00です。その後18:10から授業です。

Q3.業界アルバイトを通して学んだことは?
A.これまで当事者の方と関わったことがなかったので、最初はどのように関わればいいのか分からず不安でした。しかし実際に関わってみることで、必要以上に手を出し過ぎるのではなく、利用者の方に自分で解決して頂けるようにお手伝いをさせて頂くことが大切なんだと学びました。

井上さん、ご協力ありがとうございました!

★精神保健福祉士科の1年間の流れについて、もっと詳しく知りたい方はコチラ★

★精神保健福祉士科の学校説明会や卒業生講演会の日程はコチラ★