【精神保健福祉士科】卒業生紹介★大学で学んだ心理学を活かした職業に興味をもち、大学卒業後すぐ国家資格取得を目指して進学③

夜間1年制で働きながら国家資格の取得を目指せる神戸医療福祉専門学校中央校の精神保健福祉士科★
大学卒業後すぐの方から、40代以上の方まで、幅広い年齢層の学生さんが在籍しています。

今回紹介する卒業生は、現在、就労継続支援B型事業所でサービス管理責任者をされている金子美和さん(甲南女子大学卒業)☆
アンケート形式で質問をさせて頂きました。

【精神保健福祉士科】卒業生紹介★大学で学んだ心理学を活かした職業に興味をもち、大学卒業後すぐ国家資格取得を目指して進学③

Q1.精神保健福祉士になろうと思った理由は?
A.大学の授業の中で、精神保健福祉士として活躍されているOGの方のお話を聴く機会がありました。その時、精神保健福祉士の仕事内容をしっかり理解していたわけではないですが、そのOGの方がとても楽しそうにお話されていたので、興味をもちました。大学卒業後、一般企業で働くより、より専門的なことがしたいと思ったので精神保健福祉士を目指そうと思いました。

Q2.仕事の中で特に印象に残っていることは?
A.とある利用者さんとの関わりの中で、ゆっくり時間をかけてサポートしていくことの大切さを学んだことです。相談に来られた当初は、本心でお話をして下さらなかった方でも、ゆっくり時間をかければ心を開いて下さいます。
すぐに答えをみつけようとはせず、長期的な関わりの中で、その方がもっている力を信じることの大切さも学びました。

Q3.どのように勉強を頑張っていましたか?
A.クラスメイト同士で教え合ったり、国家試験対策ゼミに積極的に参加したりしました。また過去問題を数多くこなし、予想問題集も併せて解いていきました。

Q4.在学中の1日の流れを教えて下さい。
A.8:30~17:00 飲食店でアルバイト、18:10~21:20 授業、22:30~1:00 自宅学習

Q5.どのような就職活動をしていましたか?
A.実習でお世話になった施設に就職しました。実習終了後すぐに、施設からの求人が貼り出されて、すぐに応募し、内定を頂きました。在学中からこちらでアルバイトを始めました。

Q6.神戸医療福祉専門学校中央校を選んで良かったことは?
A.クラスメイトの年齢層が幅広かったので、様々な人生経験や社会経験をもつ「人生の先輩」方と関われたことです。みんなモチベーションが高く、そのやる気に満ち溢れた雰囲気の中で勉強出来たのが、何よりも良かったです。

Q7.当時のクラスメイトとは現在も連絡を取っていますか?
A.現在も年に1回は交流会を開催しています。また現場においては、他の機関への相談が必要になった時、その機関にクラスメイトがいたことで、話がスムーズだったことがあります。

金子さん、ありがとうございました!

★精神保健福祉士科の1年間の流れについて詳しく知りたい方はコチラ★

★精神保健福祉士科の学校説明会の日程はコチラ★