精神保健福祉士科卒業生インタビュー☆

兵庫県で唯一、夜間1年制で国家資格の取得を目指す
神戸医療福祉専門学校中央校の精神保健福祉士科(大卒課程)☆

これまで様々な年齢層の学生さんが入学され、
様々な医療機関や福祉施設で精神保健福祉士として活躍されています。

今回は卒業生の窪川佐紀(入学時23歳)にインタビューをしてみました!

b187ac544914eaa6b79b2a9f204f6cba

Q1.精神保健福祉士を目指そうと思った理由は何ですか?

A.大学時代に行っていたボランティア活動で、支援の行き届きにくい方々、なかなか他人に理解してもらいにくい方々の支援がしたいと思ったのがきっかけです。

Q2.学生時代最も印象に残っていることは何ですか?

A.放課後も残って、クラスメイトと一緒に勉強したことです。また卒業した後、先生にお礼状を渡したら、とても喜んで下さったことです。

Q3.仕事のやりがいを感じたエピソードをお願い致します。

A.とても落ち込んでいたり、病状が悪く、しんどい思いをされていた患者さんが、徐々に明るくなって、「毎日が楽しいです」「失敗しても前向きに考えられるようになりました」など話して下さるるようになり、心の成長を間近で感じられるということにやりがいを感じます。患者さんの将来の夢や希望にむけて一緒に迷い悩み、歩んでいけるということがとてもやりがいに感じます。

Q4.仕事を大変だと感じる時はどんな時ですか?

A.人の心のことだからこそ、自分の思うようには進まないということです。また、関係機関との調整や連携、支援者によって支援の方向性や意見が変わり、その摺合せをするのが難しいことなど、まだまだ勉強が必要だと感じることはたくさんあります。

Q5.これから精神保健福祉士を目指される方にメッセージやアドバイスをお願い致します。

A.精神保健福祉士は、大変な仕事ではありますが、とても魅力的で素敵な仕事だと思います。自分が支援者でありながら、自分もまわりや患者さんに教えられ、人として育てていただいている感覚です。「人」という本当に奥深い存在と付き合う仕事であり、人間性を問われる仕事だからこそ、いろんなことを学び、経験して頂きたいと思います。また、他者ばかりでなく、どうぞご自身の心や体も大切にして、「自分らしさ」を見失わないで頂きたいと思います。

窪川さん、ありがとうございました!

■精神保健福祉士科について詳しく知りたい方はコチラ