介護福祉士+ケアマネージャー所持→「精神保健福祉士」の資格取得を目指している学生さんにインタビュー

神戸医療福祉専門学校中央校の精神保健福祉士科(夜間1年制・大卒課程)には、
福祉業界で“働きながら”キャリアアップするために通学している学生さんも在籍しています。

今回紹介させて頂く藤木里奈さん(入学時35歳)もその1人。
藤木さんは介護福祉士+ケアマネージャーというWライセンスを所持☆
次のステップとして精神保健福祉士の取得を目指し、本校に入学されました。

藤木さん

Q1.どうして精神保健福祉士を目指そうと思ったのですか?

藤木さん「現在は在宅介護の仕事をしているのですが、入学前に特別養護老人ホームで働いていた時、利用者さんの中には精神疾患がある方も多く、また一緒に働いている職員さんの中にも心の不調を訴える方がいました。このような利用者さんにもしっかりとした対応がしたい、また、一緒に働く職員さんのメンタルケアもできるようになりたいと思い、“精神保健福祉士”も取得したいと考えるようになりました。」

介護福祉士、ケアマネージャーに続き、精神保健福祉士を取得した後は、
“社会福祉士”の取得も目指したいという藤木さん。

Q2.どうしてたくさんの資格を取得したいと思われているのですか?

藤木さん「福祉業界を取り巻く環境はどんどん変わっています。日進月歩な世の中の動きに合わせて、しっかりと利用者さんに対応していくためには、絶えず新たな知識を身につけていく必要があると思っています。新たな知識を身につけることで、これまでの経験で身についたことは正しかったと感じることもあれば、新たな知識としてとても勉強になったと感じることもあります。自分が取得した資格を活かし、高齢者の方も障がいがある方も、住み慣れた地域で生活していける基盤が作れるように、また福祉業界で一緒に働く仲間が長く仕事を続けられるように、福祉のスペシャリストとして関わっていきたいと思っています。」

藤木さん、ありがとうございました!

■神戸医療福祉専門学校中央校の精神保健福祉士科について詳しく知りたい方はコチラ

■学校説明会の日程はコチラ

■LINEからの直接お問い合わせが可能★LINEの公式アカウントはコチラ★