スポーツトレーナー目指すなら鍼灸師☆卒業生インタビュー!

スポーツ、美容、医療、福祉など、幅広い分野で活躍することができる鍼灸師☆

神戸医療福祉専門学校中央校の鍼灸科は、これら全ての分野を学ぶということが特長で、
実際に幅広い分野で卒業生が活躍しています。

今回は東京の株式会社ケッズトレーナーでスポーツトレーナーとして活躍している2017年度の卒業生、
林 真穂さん(兵庫県立夢野台高等学校出身)にインタビューをしてきました!

E43A5435

Q1.スポーツトレーナー=鍼灸師を目指そうと思った理由は?
林さん「まず、スポーツトレーナーを目指そうと思った理由は、スポーツが好きだからです。高校時代は陸上部に所属しており、ケガをして通っていた治療院の先生に、“スポーツ選手をサポートする仕事がしたい”と思っていることを相談すると、【鍼灸師】をすすめて下さいました。鍼灸はケガや痛みの治療だけでなく、身体の根本から整えられ“スポーツだけでなく、美容や福祉など活躍の幅が広い”ということも魅力に感じ、国家資格「はり師」「きゅう師」の取得を目指そうと思いました。スポーツによるケガだけでなく、“身体がだるい” “食欲がない”そういった症状も治せる鍼灸で、多くの方がずっと健康でいられるようサポートしていきたいと思います。」

E43A5357

Q2.神戸医療福祉専門学校中央校の鍼灸科を選んだ理由は?また在学中に行ったことは?
林さん「神戸医療福祉専門学校中央校のオープンキャンパスに参加した時、鍼灸科では“スポーツ、美容、医療、福祉、全ての分野が学べる”ということを知りました。また、それぞれの分野に特化した先生が教えて下さるということにも魅力を感じました。在学中は母校の陸上部のトレーナー活動をしたり、先生からトップアスリートのスポーツトレーナーの方を紹介して頂き、現場を見学させて頂いたりしました。」

E43A5240

Q3.将来の夢は?
林さん「現在の夢は“陸上のオリンピック選手のトレーナーになること”です。その選手の方に金メダルをとって頂けるよう、しっかりサポートできるようなスポーツトレーナーになりたいと思っています。」

E43A5271

林さん、ありがとうございました。

■神戸医療福祉専門学校中央校鍼灸科の授業内容について詳しく知りたい方は→コチラ

■オープンキャンパスの日程について知りたい方は→コチラ
*3/31(日)はスポーツ分野の体験授業を開催!