【救急救命士科】入試に向けては「情報収集」が鍵!在校生の声☆

こんにちは!救急救命士科入学事務局です。

今回は、高校3年生で部活引退後、夏休みのオープンキャンパスで進路を決定した在校生の声をご紹介します☆

これから進路を本格的に決めていく高校3年生のみなさんは、ぜひ参考にしてください!

******************************************************

救急救命士科1年

松岡 冴 くん

島根県立隠岐高等学校(硬式野球部) 出身

IMG_0350

1、救急救命士を目指したきっかけは何でしたか?

人を助ける仕事に憧れていて、中学のときに事故を目の当たりにしてそのときに駆けつけてくれた救急救命士の方々の活動を見てかっこいいと思ったのがきっかけです。

 

2、野球部で夏大会までは部活動に集中しておられたと思いますが、進路を選ぶにあたって、工夫したことはありますか?

野球の大会を終えてから入試を受けるか、終える前に早い段階で受けるか迷いました。

三田校の公式LINE@を利用して、今の入試状況について情報収集を行っていました。

そして、引退してから入試を受けました。

 

3、三田校を選んだ決め手は何でしたか?

2年間で高い救命技術を習得し、救急救命士の資格が取得できるということと、国家試験合格率が9年連続で100%ということです。

また、高校3年生の8月にオープンキャンパスに参加してみて、学校内の環境や雰囲気がよいと思い、三田校に決めました。

 

4、三田校に入学してよかったことは何ですか?

同じ目標を目指す熱い仲間と、熱く指導してくださる先生に出会えたことです。

仲間と支えあって日々を過ごし、とても充実しています。

また、社会に出てからも困らないように人としての基礎を鍛えることができていると感じます。

 

5、救急救命士を目指す高校生のみなさんへひとこと!

じっくり考えて進路を決定するのも大事なことですが、早い段階で決定して入試に向けての対策を行うことも大事だと思います。

ぜひ先のことを見据えて、余裕を持って進路決定してみてください!

******************************************************

 

これから進路を考える高校生のみなさんは、早めに情報収集をすることが鍵ということですね!

三田校では、まだ間に合う夏休みオープンキャンパスを実施しています!

詳しくはこちら♪

 

「すぐにはオープンキャンパスに行けない」という方は、

松岡くんも利用していた、三田校の公式LINE@が便利です!

学校のことや入試のことなど、1対1で質問にお答えします☆

LINE_CV

利用方法は、本校公式アカウントを友達追加し、

①お名前、②救急救命士科、③質問 を送るだけ!

ぜひ活用してみてくださいね