靴作りはやっぱり楽しい!短靴完成!☆~整形靴科1年生~

2013短靴完成1

更新が遅くなりすみません!
3月に入って整形靴科14期生と1年制の学生が卒業し、
晴れて2年生になる15期生は現在春休み中です☆

そんな15期生が最後の実習で製作し、
1年間の集大成として完成させたハーフシューズ(短靴)について
遅ればせながら報告します☆

1年生は、整形靴科伝統の「整形靴Slipperタイプ」が終了すると
短靴タイプの整形靴作りに挑みます。

この実習では自分の足に合わせて既成の木型を修正し、
靴作りを行います。
教員のデモンストレーションを見たり、必要なチェックを受けたりしながら
完成までには約8日かけています!
8日目にはプチ展示会とフィッティングチェックを行い、
全員の靴作りを皆で共有して学び合う時間をとっています☆

2013短靴完成展示2

プチ展示会では、A4でプレゼンテーションシートを
1枚作り、皆思い思いに自分の靴についてアピールします☆

2013短靴完成展示4

2013短靴完成展示3

2013短靴完成展示1

製作中は気にかける余裕がなく、クラスメイトの靴作りを
じっくり見ることはできなかった学生たちでしたが、
完成した靴を目の前に、それぞれの靴作りのテーマや工夫を
プレゼンシートで確認しながらじっくりと見合っていました☆

作って終わり、展示して終わりではなく、
ここからが整形靴作りに欠かせない勉強タイム!!

2013短靴完成適合1

2013短靴完成適合2

フィッティングのデモの後、学生同士でフィッティング確認の勉強!
そして、一人一人のフィッティングと歩行をチェックしていきます!!
そこから必要な微調整や次回に向けての修正点の確認も行い、
この実習は終了します。

実際の現場ではお客様に何週間か履いていただいてから
微調整や修正を行うので、アフターフォローの勉強も大切です。
今回自分で作った靴を実際に履いて、履き心地を確認していくことで
これからもフィッティングの勉強をしていこう!!ということで
今年度の実習が終了しました☆

次回、実際に作った靴をご紹介しますね☆