【義肢装具士科】30代で再進学!社会人入学生の職業ストーリー

「今まで学んできた『モノ作り』を活かせ、目の前の患者様のために全力を尽くせることが、義肢装具士をめざす決め手でした」

_MG_0375

義肢装具士科4年制2年 向江さん

名古屋工業大学出身

前職:設計関係の仕事

大学では、機械工学を専攻。昔から文系よりも理系が得意なことや、親もメーカーで研究をしていたこともあり、モノを設計する学問を学びました。

今の義肢装具士の勉強もモノを作る、という意味では通じる所があったかもしれません。

大学院を卒業後、設計業務に携わる中で、自分で作ったものがどのように世の中に役立っているのか見えてこないことに、疑問をいつしか抱くようになりました。

そんな中、親から偶然、実家近くにある専門学校に変わった学科があるという情報を耳にしました。

今まで学んできた設計の仕事の知識も活かしつつ、自分の手で作ったものを目の前の患者様に直接お渡しできる、目の前の患者様のために全力を尽くすことができる。

これが「義肢装具士」という国家資格でした。

_MG_0391 _MG_0386

2年生。外部講師の方も含めて個性豊かな先生方に恵まれ、人としての勉強もさせてもらっていると思います。

ここまで深く勉強するんだ、と毎日驚きと発見の連続。刺激を受けて過ごしています。

将来、一度は、海外で働いてみたいとも考えています。様々な経験を通して技術や知識の向上を目指しつつも人としての魅力にも磨きをかけていきたい。そして、患者様に信頼してもらえるような義肢装具士になりたい。

そのために、まずは海外での臨床実習を希望しています。それに向け、英語の勉強にも取り組み始めました。毎日とても忙しいですが、日々が充実しています。

図1

昼休みにクラスの仲間と。年齢も出身地もばらばらですが、楽しく過ごしています。

いかがでしたか?

向江さんもおっしゃっていたように、義肢装具士は自分の作ったものが人の役に立っていることを、目に見えて実感できる、やりがいのある仕事です。国家資格のもとに、人生を支える職業なため、もちろん目指すことは簡単なことではありませんが、本校では転職や再進学を志して入学される社会人入学生の方が、多数いらっしゃいます。

 

「義足ユーザー様をお招きした義足の製作実習」など、実際の授業を見学できる説明会を随時開催しています。詳細はこちら

まずは情報を集めたい方は無料で資料請求いただけます。詳細はこちら