【理学療法士】野球部を夏に引退してどう進路を決めた?在校生インタビュー

兵庫県では唯一の4年制専門学校、神戸医療福祉専門学校三田校の理学療法士科・入学事務局です!

 

夏本番!高校野球が一番盛り上がる季節になってきました!

今回は8月に部活を引退するまで野球をがんばっていた先輩から高校3年生の部活を頑張っているみなさんへのメッセージが届きました♪
部活が忙しくて、進路に迷っているそこのアナタ!ぜひ最後まで読んでみてください!

 

IMG_9845

理学療法士科1年生

岡田雄二朗さん

兵庫県立北条高等学校 出身

 

スポーツ選手の故障を予防したい

 

私の高校の野球部では、週に1回理学療法士の方が来てくださり、選手の故障を予防するためのストレッチや体幹トレーニングを指導していただいていました。そこで興味を持ったことがきっかけになり、スポーツ選手のサポートはもちろん怪我をした人のリハビリなどのができる理学療法士を目指したいと思うようになりました。

 

 

部活が忙しかったけど進路を早めに決めたかった

 

野球部が忙しく、7月の後半に引退し、そこから進路を決めなければいけませんでした。

部活を引退する前から、情報を集めるために理学療法士の学校に進学した先輩に相談をしていました。最初は大学と専門学校で迷っていましたが、専門学校で目標に向かって迷い無く着実に理学療法士が目指せるところに魅力を感じて専門学校に決めました。

 

 

先生との距離の近さが魅力でした

 

三田校は4年制の専門学校なので、他の専門学校と比べると、時間をかけて知識と技術をしっかり学べると感じたので三田校がいいなと思っていました。

そこでオープンキャンパスに来てみると、1人で緊張していた私に在校生のスタッフや先生が気軽に楽しく接して下さりました。先生との距離がとても近く、学生スタッフの先輩方と話せたことが最終的な決め手になり三田校に決めました。

 

IMG_9854

入学後も先生との距離感は近く勉強をサポートしてくれています

 

入学後も変わらず、先生と学生の距離感は近く、分からないことがあれば気軽に質問することが出来ています

解剖学という授業では専門用語が多いですが、意味などを具体的にていねいに教えていただけるので分かりやすいです。

そしてテスト前になると、テスト対策ができるノートの作り方や勉強方法のアドバイスもいただけるのでしっかり勉強できています。

 

夏まで部活を頑張っている後輩へアドバイス!

 

自分の目指す進路に向かって、納得のいく選択ができるように、「引退するまで」と「引退してから」の時間の使い方を工夫してみて下さい!応援しています!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

野球部を引退するまでは先輩に相談

引退後は時間を工夫してオープンキャンパスへ

時間を上手く使えたから引退後すぐ進路を決めることができたんですね!

 

岡田さん、ありがとうございました!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

兵庫県では唯一の4年制専門学校、神戸医療福祉専門学校三田校の

理学療法士科のオープンキャンパスはこちらから↓

PT_OC