【言語聴覚士科】♪私の進路経験談♪

今回ご紹介するのは、言語聴覚士科3年生の若林 暖奈さんです。
若林さんは和歌山県出身です♪

若林さん2

Q言語聴覚士の学校に入学するきっかけは?
進路に迷っていた時に周りの人達に看護師をすすめてもらい自分でいろいろと調べる中で言語聴覚士という仕事を知りました。「話すこと」「聞くこと」「食べること」といった生活する上で大切な機能を扱う仕事内容に魅力を感じ、自分も少しでも患者様の役に立つことができたらと思い、言語聴覚士になりたいと考えました。

Q神戸医療福祉専門学校を選んだ理由は?
オープンキャンパスに来た時に先生方から話をうかがったり、実際に学校の設備や豊富な機器などを見学させていただいたりして、この学校でなら充実した授業を受けることができるように感じました。また、4年間でじっくりと時間をかけて学ぶことができ、実習時間が多くあるため実践力を身につけることができると思い、この学校を選びました。

Q2年生の見学実習の思い出を教えて下さい
見学実習では様々な患者様と関わらせていただくことができました。その中でも失語症の患者様の訓練を見学させていただいた時のことが印象に残っています。話しかけに対して答えを返してくださることが難しい方だったので あまり返事が返ってくることはなかったのですが、見学が終わった時に握手をしていただくと私の目を見て力強く握り返してくださって、話が伝わっていたことを感じ、とても嬉しくなりました。

Qこの学校をめざす方へのアドバイス!
勉強は決して楽とは言えませんが、同じ目標を持った仲間が周りにいてくれるので、くじけそうな時も頑張ることができます。一歩を踏み出すことに少し不安を感じたりすることもあるかもしれませんが、この学校には夢を叶えるためのサポートをしてくれる方がたくさんいます。一緒に夢に向かって頑張りましょう!