【言語聴覚士科】地域でのボランティアに参加!

 

こんにちは!言語聴覚士科の今岡です。

 

11月18日(日)、三菱電機㈱三田製作所 体育館で開催された三田社会福祉協議会主催 「第1回 ともいき三田」に、1年生がボランティアスタッフとして参加しました♩

 

___

 

 

*ともいき三田とは???

 

文化やスポーツなど多様なイベントを通して創る「小さな共生社会」をきっかけに、障がいのあるなしに関わらず、誰もが役割をもち、生きがいをもって安心した地域生活を送ることのできる「共生社会」の実現を目指しています。

 

ボランティアの様子♩

 

学生たちは、会場設営やラジオ体操、6チームに分かれての競技サポートを通じ、

障がい者の方を含む参加されていた方々との交流を楽しみました。

 

___ (3)

 

競技は兵庫県でもまだ3チームほどしかない、ローリングバレー!

ルールは通常のバレーボールが基本となっていますが、ボールを床に転がして、

前衛は在位で後衛は立位で行います。

 

 

これが案外難しく学生もなかなか苦戦していました。

___ (2)

様々な年代、症状をお持ちの方と関わる言語聴覚士。

a

座学で学ぶだけでなく、患者さまとコミュニケーションを取った経験から学んだ知識を積み重ねていくことが、とても大切です。

 

これからも、様々な経験を重ねていきましょう!!1年生のみんな、頑張ってくださいね。

応援していますよ!!

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

いかがでしたか?

本校の言語聴覚士科では、患者さまや地域の高齢者の方、障がい者の方と実際にコミュニケーションを取れる機会を多くあります。

 

積み重ねがきっと就職したあとに活きていきますね!

 

この記事を読んだ方にオススメ☆

 

言語聴覚士科の国家試験に向けた対策授業&グループ学習の紹介

聴覚障がいをお持ちのお子さんと関わるボランティア実習