BLOG

【鍼灸科】教員ブログ③痩せやすい生活改善アドバイス☆

鍼灸科

2021.4.10

こんにちは、鍼灸科教員の阪本です。

「健康に毎日を!!」をモットーに生活しているので今回はダイエットの内容です。ただし、「痩せている」=「健康」という事ではなく、太りすぎても痩せすぎても健康ではありません。太りたいという人より痩せたいという人の方が多いと思いますので、生活を少し改善して健康に近づくお手伝いが出来たらと思います。

肥満はなんでこわいの?

近年、患者さんと健康的に長く生きたいという会話をよくします。衛生環境や
医療水準の発展により「人生100年時代」という言葉もよく見聞きするようになりました。単純に寿命が延びるのは素晴らしい事ですが、なるべく元気な状態で
長く人生を楽しみたいものです。

しかし、それを阻む一つの要因が肥満です。肥満は、高血圧、糖尿病、脂質異常症など様々な生活習慣病を引き起こしやすく、これらのリスクを高めるメタボリックシンドロームという状態になり易く健康長寿を邪魔します。また、体重が増えると膝や腰に負荷がかかり日常の活動が制限されてしまいます。

日常生活の適度な運動、バランスのいい食生活、睡眠などを実践することに
よって予防することができますが、なかなかうまく全員が同じダイエットメニューで痩せません。途中でダイエットを諦めた事がある人も多いのではないでしょうか。

ここでは、簡単に2タイプの体質に分けた痩せやすい生活スタイルを紹介するので参考にしてください。

「痰湿」タイプは水をのむダイエットに注意!!

食べ過ぎ、飲み過ぎ、また、甘いものや脂っこい味の濃いものを好んで食べると脾の運化(消化吸収能力)が低下します。すると、体にうるおいを与えるはずの水が、めぐりが滞ることにより体にたまり余計な水がドロドロのよどんだものに変わります。プールの水を放置しとくと緑色のドロッとした水になる感じです。このような状態を「痰湿」といいます。

【特徴】
・上半身・下半身ともに太っている
・皮膚に張りがあるムチムチ肌
・水太り
・のどが渇きやすい(飲む量に比べてトイレの回数が少ない場合は特に注意)
・ちょっとした動作で頭(上半身)からすぐに汗をかく

★アドバイス★

食生活:暴飲暴食や甘い物、味の濃い物などが好きな人が多いです。食べ過ぎて
    いた分の食事量を減らすと少しは体重が減りますが、食事制限している
    のにそれ以上痩せないという場合は、水を飲みすぎているかもしれませ
    ん。美容やダイエットのために毎日お水を2ℓ飲む人もいますが、水の
    代謝が悪い状態なので飲みすぎは注意です。

オススメ食材:利尿作用などを高めるレタス、小豆、ハトムギ、とうもろこし
       なども水分代謝に効果的な食材です。

運動:今までの不摂生によって体に水が溜まっているので、その水を体の外に
   出す運動がいいでしょう。汗を出す有酸素運動がベストなので、
   ウォーキングやエクササイズ動画を観て動きましょう。

「気虚」タイプは食べないダイエットや
   野菜を先に食べるダイエットに注意!!

「気」は主に、食べたり飲んだりしたものを胃腸が消化吸収して作られます。
そのため、胃腸が弱かったり、機能が低下したりすると「気」が不足しやすくなります。「気」は体の形や内臓の位置をあるべき位置に留めておく働きがあります。「気」が充実すると体が引き締まり、もともと体力のない人や、過労が
続き、「気」が不足している状態の場合、締まりのない弛んだ体型や胃下垂になります。

【特徴】
・特に顔や腹部に脂肪がつきやすい、皮膚が柔らかくぶよぶよたるみ肌
・体力がなく運動すると息切れし疲れやすい
・寒がり
・寝汗やダラダラと汗がでる

★アドバイス★

食生活:食事量が少なく食欲のない人が多いですが、食べなさ過ぎてもいけませ
    ん。生もの(特に刺身)や冷たいものを避け、なるべく温かいものを
    食べてください。生野菜サラダを先に食べるダイエットがありますが、
    このタイプは向いていません。生野菜より温野菜にしましょう。体質的
    に消化の負担がかかるタイプですので、食べ過ぎるとより食欲がなくな
    ります。お粥、うどん、脂の少ない肉(牛・鶏)など消化に良い温かい
    ものを選びよく噛んで食べるようにしましょう。

オススメ食材:牛肉、鶏肉などの肉類や、鶏卵、えび、山いも、サツマイモ、
    など食べると「気」を充実させるために役立ちます。

運動:体力のない人が多いので汗をかく運動は不向きです。もともと筋肉の
   つきにくい体質ですが、四肢(手足)の運動は脾の機能を高め水分代謝が
   よくなります。日常生活の中で手足をよく使い、無理のない手足の筋トレ
   や汗をかかない程度のウォーキングがおすすめです。

睡眠:気が不足している人は体を休めることが大事です。きちんと睡眠時間を
   確保し寝るようにしましょう。

様々なダイエット法や運動・食事の仕方がありますが、その人によって向いているものとそうでないものがあります。上手くいかずにせっかくのやる気をなくすのは勿体ないです。もし当てはまるものがあれば出来る事からトライしてみて下さい!

神戸医療福祉専門学校鍼灸科ではオープンキャンパスを開催しています!
医療の国家資格を取得したい!スポーツトレーナーになりたい!
美容の分野で働きたい!などなど鍼灸師に少しでも興味がある方はぜひ
ご参加下さい◎お付き添いの方もOKです!
おまちしてますっ☆

鍼灸科イベント情報はコチラ★

CAMPUS

キャンパス紹介

中央校

Kobeiryo Chuo

0120-480-294

〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
TEL:078-362-1294

学べる学科

公式SNS

三田校

Kobeiryo Sanda

0120-511-294

〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
TEL:079-563-1222

学べる学科

公式SNS