言語聴覚士になるための4年制専門学校と大学の違い

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の言語聴覚士科が執筆しています。

言語聴覚士になろうと志したとき、誰もが通ることといえばどの学校に通えば良いのか迷ってしまうことではないでしょうか。
言語聴覚士になるための知識を学び、実習体験ができる養成施設の中でも4年制専門学校と大学、という2つの選択肢で悩んでいる方が多いと思います。
そこで、今回は4年制専門学校と大学には一体どのような違いがあるのか、それぞれを挙げて見ていきたいと思います。

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の言語聴覚士科が執筆しています。

4年制専門学校

言語聴覚士になるための4年制専門学校は全国的に数が少ないですが、通うことに得ることができるメリットが多いことが特徴です。
主なポイントは大きく3つ挙げられます。

集中的に学べる

まず1つ目は集中的に学ぶことができることです。
言語聴覚士に限らずいずれの職種でも言えることですが、専門学校はその職業になりたいという明確な目的をもって学ぶことができる環境を持つ養成施設です。
そのため、授業では言語聴覚士に必要な知識や実習体験、そして言語聴覚士国家試験に必要な科目に絞って学ぶことができます。
大学の場合は一般教養として英語や第二外国語、体育などに割り当てますが、4年制専門学校では一般教養を学ぶための時間も、言語聴覚士に必要な授業へと当てられるので、より多くのスキルを身につけることができます。

時間をかけて基礎から学べる

2つ目は時間をかけて基礎から学べることです。
同じ専門学校でも2年制専門学校や3年制専門学校は授業のカリキュラムが詰め込まれており、日々忙しく、なかなかじっくり学ぶことができません。
しかし、4年制専門学校は4年という時の中で、言語聴覚士の専門知識を基礎から学ぶことができ、国家試験対策もより多くできます。
そして実習経験を大学より多く経験できるので、卒業後にできる仕事内容の幅や対応が広がります。

少人数で学ぶことができる

3つ目は少人数で学ぶことができることです。
4年制専門学校のほとんどは、1つのクラスにつき40人以下で構成されているため、ともに言語聴覚士を目指す仲間とともに実習経験をはじめ、演習やグループワークなどでより高めながら学ぶことができます。
そして少人数で学ぶことができる最大のメリットとして担任の先生にも質問をしやすい環境であることです。
日々学んでいる中で疑問を抱いた点や国家試験に対する不安、さらには私生活のことも相談できるので、安心して学ぶことができます。

大学の場合

言語聴覚士の資格を取るための大学は全国的に多くあるため、選択肢としては4年制専門学校より多いのが特徴として挙げられます。
そして、主なポイントは大きく3つ挙げられます。

資格を問わず幅広く学べる

まず1つ目は資格を問わず幅広く学べることです。
専門学校に入学してしまうと、言語聴覚士に関する知識のみ学ぶことができますが、大学の場合は言語聴覚士の専門知識のほかに、自身の興味ある科目を選ぶことができ、一般教養科目である英語や第二外国語、体育など、幅広く学ぶことができます。
そのため、時間割の組み方によっては、他の医療系資格の仕事がどのようなものなのか、さらには知識を身につけることもできることも、メリットとして挙げられます。

他業種への就職もできる

2つ目は一般企業への就職もできることです。
大学へ行っている人の最大のメリットが大卒という学歴を得ることができることです。
これにより、一般企業にも就職の幅が広がります。
大学は病院の他にも多くの企業との連携ができるように動いていることが多いため、福祉や教育、一般企業などに就職しやすい環境です。

大人数で学ぶことができる

3つ目は大人数で学ぶことができることです。
大学は100人〜200人ほどと共に学ぶので、専門学校より多くの仲間と学ぶことができます。
また、大学は専門学校よりカリキュラムに余裕があるため、部活動やサークル活動などを通してより多くの人と関係を築くことができます。
さらに、大学は規模が大きいため、専門分野を持つ先生の数も多く在籍しているので、多様な視点を学ぶこともできるでしょう。

以上を見ていくと、言語聴覚士の基礎から国家試験対策までじっくり学ぶことができるのは4年制専門学校、言語聴覚士のことを学びながらも教巻を身につけ他業種への可能性を得ることができるのは大学、というようなイメージで見ていただけると幸いです。

まとめ

今回は4年制専門学校と大学の大きな違いを見てきましたが、いかがだったでしょうか。
視野を広げるとしたら大学がおすすめですが、言語聴覚士として学ぶ環境としてはカリキュラム数や実習経験の回数の多さなど、手厚い面が多いのは4年制専門学校であると言えます。
もし、言語聴覚士として基礎から国家試験対策までしっかり学びたいと思ったときは、4年制専門学校に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

言語聴覚士についてもっと知りたい方はこちら

言語聴覚士を目指すなら神戸医療福祉専門学校で学びませんか?

神戸医療福祉専門学校なら、言語聴覚士の国家試験合格率が83.6%!(2014〜2018年度)
4年間で計画的に国家試験対策ができるようカリキュラムを組んでおり、無理なく資格取得をめざせます。

学年ごとの学習到達度に合わせた弱点科目の分析など、ひとりひとりの学びをきめ細かくサポートしています。また卒業時には「大学卒業者と同等の学力を有する」として「高度専門士」の称号が附与されます。

卒業生の声

「先生とキャリアセンター 両面の手厚いサポート!」(2016年度卒業)

「障がいを持つ子どもにもっと寄り添えたら…独学の限界を感じ入学」(2017年度卒業)

>>卒業生の声の詳細はこちら

ご興味がある方はぜひ以下のリンクより学校の詳細をご覧ください!

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 三田校>
理学・作業・言語・救急・義肢・整形靴
住所〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
お問い合わせ079-563-1222
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/