【介護福祉士科】2年生★就職内定者速報3★同じ目標をもつ仲間と一緒に過ごしたこの1年半を振り返る

神戸医療福祉専門学校中央校の介護福祉士科は8年連続就職率100%★
今年度も100%目指して、しっかりサポートしています!

今回は特別養護老人ホーム ウェルフェアグランデ明石に就職内定が決まった
原畠 百花さん(相生学院高等学校 出身)にインタビューをしました!

介護 福祉 専門 学校 就職

Q1.介護福祉士を目指そうと思った理由は?

原畠さん「小学校3年生の時に入院をしたのですが、その時、看護師さんが親身になってお世話にして下さったのをきっかけに、私も人のお世話をする仕事がしたいと思うようになりました。最初は看護師を目指そうと思ったのですが、私がやりたいことは医療的な関わりではなく、人の生活に寄り添ったお世話がしたいと思ったので、介護福祉士を目指そうと思いました。」

Q2.入学前はどのようなことが不安でしたか?また入学後は実際にどうでしたか?

原畠さん「私は人見知りなので、クラスメイトと仲良く出来るかとても不安でした。しかし、神戸医療福祉専門学校中央校の介護福祉士科ではグループワークの授業が多いので、最初は勉強の話から始まり、そのまま休み時間もプライベートな話が出来るようになっていきました。また、みんな“介護福祉士になる”という同じ夢をもっているので、大変な時は一緒に励ましあったり、悩んだ時もお互いの相談にのったり、今ではみんなとても仲が良いです。」

Q3.将来はどのような介護福祉士になりたいですか?

原畠さん「私は入院中、介助して頂いた経験があるので、利用者の方の気持ちに寄り添うことが出来ると思っています。その方のプライバシーを配慮し、また、本当に困っていらっしゃることや悩まれているお気持ちを引き出せるような介護福祉士になりたいと思っています。」

原畠さん、ありがとうございました!卒業までしっかり頑張って下さいね!