言語聴覚士科とは?

What is Speech Therapist?

言語聴覚士とは、赤ちゃんから高齢者まで、言語、聴覚、発声、発音といったことばによるコミュニケーションが難しくなった方が、自分らしい生活ができるよう支援する専門職であり、国家資格です。
神戸医療福祉専門学校の言語聴覚士科では、関西唯一の4年制専門学校として、一年次から豊富で多彩な実習を取り入れ、実践的な言語聴覚士を育成します。また、一年次から段階的に行う国家試験対策で合格へのサポートも万全です。

3つのポイント

Three points


① 資格取得で就職に有利!

国家試験合格率100%!その実績を裏付ける充実したサポートシステム。
合格のハードルが高い言語聴覚士の国家試験。本校では4年制のゆとりあるカリキュラムの特長を活かして、1年次からしっかり国家試験科目を徹底して学び、万全の対策を取ります。


就 職

全国各地からの豊富な求人により、一人ひとりに合った就職を実現。
近年、言語聴覚士によるリハビリの重要性はますます高まっており、医療分野はもちろん、教育や福祉の分野まで、活躍の場は広がっています。言語聴覚士はまだまだ不足しているのが現状です。そのため病院や施設からのニーズも高く、今後の活躍がさらに期待されています。

■ 希望する地域での就職が可能

全国各地からの求人情報を網羅する本校では、一人ひとりが希望する地域での就職をサポートしています。

■ 卒業後の進路も手厚くサポート

希望者にはメールで学校の求人情報を配信します。キャリアアップをめざす卒業生には、異なる分野での就職先も紹介。また結婚・出産後の再就職では、働きやすいスタイルでの就職先の紹介もしています。

自信を持って自分をアピールできました

卒業生

言語聴覚士科 2015年度卒業 小西 舞香さん
兵庫県立夢野台高等学校出身
関西リハビリテーション病院内定

キャリアセンターでは、履歴書の書き方や、面接指導をしていただき、本番当日では、自信を持って自分をアピールすることができ、伝えたいことをしっかりと話すことができました。これからは学んだ知識を活かして活躍を目指したいです。

主な就職先

  • 兵庫医科大学ささやま医療センター
  • 一般財団法人神戸在宅ケア研究所 神戸リハビリテーション病院
  • 関西リハビリテーション病院
  • 医療法人社団天馬会 半田中央病院
  • 医療法人社団甲友会 西宮協立リハビリテーション病院
  • さんだリハビリテーション病院
  • 一般財団法人神戸マリナーズ厚生会 ポートアイランド病院
  • 社会福祉法人 かがわ総合リハビリテーション事業団
  • 岡山協立病院 など

病院や施設からの求人も多く、自分に合った進路が選べます!言語聴覚士の需要は多く、医療分野はもちろん、教育や福祉の分野まで、幅広いフィールドで活躍しています。しかし、言語聴覚士の数は不足しているのが現状です。その為、病院や施設からのニーズも高く、今後の活躍が期待されています。


② 幅広い知識を学べる4年制カリキュラム

関西で唯一の4年制専門学校だからこそ!確かな知識と技術、豊かな人間性を養います。


③ 実践力を養う豊富な学内・学外実習

プロになるための学外実習ステップ

1日見学実習の様子
1年次 実際に患者さんと接する
1日見学実習(数箇所)
病院や施設を見学して、臨床現場で行われている治療や訓練を学びます。また実際に患者さんと接する機もあります。
体験実習(3週間)の様子
2年次 業務内容を実践する
体験実習(3週間)
言語聴覚士の役割や業務内容についての理解を深めます。また症状の観察・検査方法、患者さんとの関わり方や他職種との連携についても学びます。
基本臨床実習(約2ヵ月間)の様子
3年次 長期間現場で実習
基本臨床実習(約2ヵ月間)
長期間現場で実習することにより、言語聴覚士としての心構えや職業倫理を学びます。また各症例に応じたアプローチなどの応用力も身につけます。
専門臨床実習(約2ヵ月間)の様子
4年次 現場に強い言語聴覚士へ
専門臨床実習(約2ヵ月間)
対象となる患者さんに適切な評価・訓練を実施。その後、再評価を行い、訓練内容を検証するという言語聴覚士の一連の業務を実践し、即戦力として活躍できる能力を身につけます。長期間現場で実習することにより、言語聴覚士としての心構えや職業倫理を学びます。また各症例に応じたアプローチなどの応用力も身につけます。

実際に患者さんと接して初めて理解できたことも

言語聴覚士科 4年生 木村 文香さん
和歌山県立日高高等学校出身

実習では、言語障害をお持ちの方とアイコンタクトや一緒にリズムをとるなどして、コミュニケーションすることを学びました。実際に患者さんと接することで、理解が深まったと思います。

患者さんと接する中で、次のステップが見えました

言語聴覚士科 3年生 谷口 七彩さん
兵庫県立西脇高等学校出身

患者さんから「悩み」をお話しいただいたことが、印象に残っています。今後の実習では、患者さんへのコミュニケーション能力をもっと身につけたいと思っています。

患者さんとのふれあいで知識を定着する学内実習

小児実習の様子
小児実習
3年次には一年間を通し、グループで一人の子どもを担当します。保護者の方へ面接を行い、子どもの発達段階に合わせて訓練内容を検証します。訓練計画を立てるなど、臨床現場を想定した実技演習を行います。
校内に設けられた「ことばときこえの相談室」では、実際に子どもさんと接する実習を行っています。地元の医療福祉団体。施設・病院と連携し、地域に根付いたボランティア活動を展開しています。
成人実習の様子
成人実習
実際の患者さんに来校していただき実習を行います。患者さんへ面接や検査を行い、問題点を把握して訓練計画を立てます。技術の向上だけでなく、患者さんの心に寄り添うコミュニケーション能力を養います。
心理学全般を学びます
心理学は言語聴覚士にとって必修の科目。臨床心理学、生涯発達心理学、学習・認知心理学などを学びます。
ボランティア活動の様子
ボランティア活動で実践力を身につけます
実習の一環として、地元の失語症友の会など、福祉団体や施設との交流も大切にしています。ボランティアに参加し地域に根づいた活動を通して医療・福祉の現場を肌で感じる中で「医療職」としての人間性を育みます。
チーム医療のイメージ
理学療法士など他学科と合同で「チーム医療」も学ぶ
理学療法士科や作業療法士科など他学科との連携授業も本校ならでは。1年次には、理学療法士科教員による「車椅子介助法」の授業があり、車椅子の患者さんの介助技術を身につけ、他の専門職と連携するチーム医療の大切さを学びます。

西日本を中心に全国からご入学いただいています。

本校言語聴覚士科では兵庫・大阪・京都・滋賀などの近畿地方を始め、岡山・広島・徳島・香川などの中国・四国地方からも多くご入学されています。

社会人入学生の声 ~私が転職を決めた理由~

Student Voice

言語聴覚士科3年生 多田羅 由衣さん言語聴覚士科3年生

言語聴覚士科3年生 多田羅 由衣さん
前職:保育士(兵庫県出身)

お子さんをお預かりする療育施設で保育士として働いていたとき、障がいに対しての知識はほぼ独学で、限界を感じていました。もっとお子さんの症状に合わせた関わり方が出来たら、という思いから、言語聴覚士をめざそうと考え始めました。この学校を選んだ決め手は、実習時間の多さです。施設で働いていたとき、学校での実習の大切さを感じたのもあり、4年間かけてしっかり技術を身に付けたいと思いました。
オープンキャンパスに行くまでに、情報を調べたりはしていましたが、体験授業で初めて知る言語聴覚士の仕事内容もあり、また社会人入学生の過ごし方などの相談にも乗ってくださり、ここでなら自分が頑張っていける!と思いました。

卒業生からのメッセージ

Message

ことばが伝わらない孤立感を、少しでもなくしたい。

言語聴覚士科卒業生の花本麻佐美さん卒業生

言語聴覚士科 2004年3月卒業 花本 麻佐美さん
言語聴覚士 大阪大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科 頭頸部外科勤務(大阪府立今宮高等学校出身)

言語聴覚士はリハビリの中でも、患者さんとの信頼関係を築くことがより大切な職業だと思います。私は聴覚検査や人工内耳うめこみ術後のリハビリテーションを主にしていますが、特に難聴の方はその聞こえづらさから、生活の中で孤立感を持ってしまいがちです。ふつうの方と同じように話せないので、仕事でも友人関係でも、人の輪の中に入ることが難しいのです。だからここでは、声や表情から患者さんの気持ちを感じとって、しっかりとコミュニケーションを取っていきたい。そして少しでも心が軽くなれるように、ことばの伝わらなさを感じることのないように、といつも心掛けています。

妥協せずに就職先を選べました。

言語聴覚士科卒業生の田中萌さん卒業生

言語聴覚士科 2013年3月卒業 田中 萌さん
飯塚耳鼻科勤務(大阪府立千里高等学校出身)

一生続けられる仕事をしたいと考え、言語聴覚士を志しました。就職先を決定する際は、”将来どのような言語聴覚士でありたいか”を先生方に相談し、様々な情報や選択肢を示して下さったおかげで、妥協せずに選べました。患者さんが望んでいるリハビリができるよう、判断力と柔軟性を養い続けたいと思います。

就職状況・求人も見られる学校見学会
平日・土日で開催中!


お問い合わせは入学事務局 0120-511-294


教員 × 卒業生 ~恩師と教え子が、現場で語り合う~

Teacher and student is , talk in the field .

Profile

教員
今岡 康人先生
言語聴覚士科学科長
摂食・嚥下障害の分野で関西の総合病院での勤務経験や、九州で訪問リハビリの経験を持つ。「人間らしい生活の回復」をめざせる人材の育成に重点を置き、指導を行っている。

卒業生
野村 奈央さん
言語聴覚士科 2015年卒業
兵庫県立豊岡高等学校出身
医療法人福冨士会 京都ルネス病院勤務


詳しく見る

言語聴覚士としてどんな仕事をしていますか?

野 村
病院のリハビリテーション科に勤務しています。言語聴覚士は私を含めて3名。訓練をしながら、少しでも多く話して頂けるよう患者さんと向き合っています。小児では、言語発達に障がいや機能性構音障がいなどのある子どもさん、自閉症の子どもさんなど。成人では、失語症や構音障がいのある方のリハビリをします。

今、仕事で感じていることはどんなことですか?

野 村
リハビリでは、1人の患者さんに対して、理学療法士など複数の専門家が治療にあたります。その中で、自分は言語聴覚士として何ができるのか、考える機会が多くあります。
今 岡
他の職種との協力関係を誰もが持ちながら働いています。三田校の3年次では、関連職種が合同で、実習を通じてお互いに何ができるか考えましたね。
野 村
そうですね。あの経験があるから、今は周囲に教えて頂くとか情報を共有しようとか、具体的な行動を考えることができるんだと思います。

三田校で学んだ4年間は振り返って、どうでしたか?

野 村
楽しい事もありましたが、やはり大変なこともありました。勉強から逃げ出したくなったこともあります。そんな時に先生方やクラスの友人達の励ましがあったので、何とか目標へ辿り着くことができたんだと思います。親身になって叱り、助言してくださった先生方のおかげで、人として成長できました。
今 岡
実習も頑張ったね。野村さんが言語聴覚士になるために、何より人として成長するために、2年生、3年生、4年生の実習先を決める時にも色々話し合ったね。
野 村
はい。思えば、あの実習があったからこそ、臨床の現場で「こうしよう」「あんなふうにしてみよう」と考えることができます。だから今は、助かっています。
今 岡
座学は分野別に専門科目を学ぶので、どうしてもバラバラとしている。その点と点を結び付けていくのが実習だと思います。そして、その経験をぜひ臨床の現場で役立ててほしい。1ヵ所に8週間、3年生と4年生で実習があるのは、臨床に活かせるように力を入れているからです。
野 村
実習は、2年、3年、4年次と段階を踏んでいけたので、自分を振り返る時間もあって良かったと思います。段階的に力が付いている実感があるから、実習も国家試験も落ち着いて取り組めたんだと思います。

これから、どんな言語聴覚士になっていきたいですか?

野 村
リハビリって、普段の生活も同じですが、できることとできないことがあると思います。患者さんは、できないことに悔しさを感じたり、できたことを嬉しく思ったり。厳しい現実を受け止めながらも、そういった気持ちを共感していける言語聴覚士になりたい。その中で、少しでも患者さんの笑顔を引き出していけたら…。言葉だけではなく、患者さんの体の状態も含めてよい方向に向かうように。
今 岡
臨床の現場は厳しいです。それだけに、苦労もあるけれど、やりがいもありますね。

後輩の皆さんにアドバイスをお願いします。

野 村
高校3年生で自分の将来を決められない人もいると思います。いろんな選択肢がある中で、まずは自分が輝いて見える仕事を見つけて、それに向かうのがいいと思います。私も学生時代、悩んだこともありました。でも、三田校の先生方や仲間の励ましがあって続けることができました。まずは見つけた道を一歩進んでみてください。
今 岡
職業選びも、学校選びも大事。三田校はあいさつもきちんとできる学生が多くて、明るい雰囲気があります。自分に合った環境を見つけることも大切です。
野 村
高校生の時には、私も言語聴覚士という仕事をイメージできず漠然としていました。もっと成長したいという思いもありますが、ゆっくりと頑張っていきたいと思います。
今 岡
今、スタートしたばかり。これからの活躍に期待しています。

神戸医療福祉を体験してください!

Come and See Our School!

体験入学の様子

学校説明会や校内見学、体験授業になんでも説明会を随時行ってます。また、社会人やフリーター、大学生のための説明会も開催しています。
悩みや不安、疑問点は直接聞いて解消しましょう!お気軽にご参加ください。

近日開催のオープンキャンパス

10/1(土)12:30~16:00

AO入試対策講座

詳細・参加予約

10/2(日)13:00~16:30

【話すリハビリ】 失語症ってどんな障がい?

詳細・参加予約

10/8(土)12:30~16:00

【食べるリハビリ】 嚥下障害ってどんな障がい?

詳細・参加予約

10/9(日)13:00~16:30

【聞こえのリハビリ】 聴覚障害ってどんな障がい?

詳細・参加予約

10/10(月)11:00~12:30

入試説明会

詳細・参加予約

10/10(月)14:00~15:30

入試説明会

詳細・参加予約

10/15(土)11:00~12:30

入試説明会

詳細・参加予約

10/15(土)14:00~15:30

入試説明会

詳細・参加予約

10/16(日)10:00~

特待生選抜制度対策講座

詳細・参加予約

10/16(日)13:00~16:30

AO入試対策講座

詳細・参加予約

10/22(土)12:30~16:00

【子どもへのリハビリ】
検査で子どもの言語発達を知ろう♪

詳細・参加予約

10/23(日)12:30~16:30

話す・聞く・食べる
言語聴覚士まるごと体験♪

詳細・参加予約

10/29(土)11:00~12:30

入試説明会

詳細・参加予約

10/30(日)10:00~16:00

高校2年生向け
学園祭見学会

詳細・参加予約

日程の合わない方・個別に相談したい方向け

学校見学&個別相談会

開催日時:月~土 10:00~20:00の間でご希望の時間帯
※完全予約制

神戸医療福祉専門学校の教室

  • 週末のオープンキャンパスに行けない!
  • 個別でじっくり話がしたい・聞きたい
  • 入試を考えているが面接や試験が不安

という方を対象に個別相談会&入試説明会を実施しています!
ご希望に応じて学費や一人暮らし、授業見学や学科の内容や奨学金・入試の方法などのご説明も可能です。
みなさんのご都合のいい日にスタッフが説明をさせて頂きます!

詳細・ご予約