神戸医療福祉専門学校ってこんな学校!!

夢に向かって頑張る在校生

Current students to work hard towards a dream

student's voice

鍼灸科

将来は幅広い分野で活躍出来る鍼灸師を目指します!

鍼灸科 福住 早良さん
和歌山県立新翔高等学校出身

美容に興味があったので、高校生の頃はエステ業界で働きたいと思っていました。いろいろ調べるうち、鍼灸師の国家資格を取得すれば、美容鍼灸の業界で活躍出来ることを知り興味を持ちました。中央校を選んだのは、美容だけでなく、幅広い分野の知識や技術を身につけた方が将来的に良いと考えたからです。今は業界アルバイト紹介制度を利用し、美容鍼灸を専門にしている鍼灸院で受付業務などをさせてもらっていて、毎日がとても充実しています!

理学療法士科

「高度専門士」の称号が授与されることも魅力のひとつ。

理学療法士科4年生 井上 茜さん
私立鳥取城北高等学校出身

4年制の三田校を選んだのは、じっくりと学びを深めたかったことと高度専門士の称号が授与されることでした。チーム医療に力を入れている点も大きな魅力ですが、実際にチーム医療を学ぶ中で、他のリハビリスタッフとの連携の大切さを感じています。

作業療法士科

じっくり時間をかけて学べると思い4年制カリキュラムを選びました

作業療法士科2年生 紀太 真裕菜さん
京都府立福知山高等学校出身

母が特別支援学校に勤務しており、医療職に興味を持ったのが作業療法士を目指すきっかけです。この学校を選んだのは、4年制で、じっくり時間をかけて学べると思ったから。オープンキャンパスに参加した時、雰囲気が良かったのも決め手になりました。

言語聴覚士科

実際に患者さんと接して初めて理解できたことも

言語聴覚士科4年生 木村 文香さん
和歌山県立日高高等学校出身

実習では、言語障害をお持ちの方とアイコンタクトや一緒にリズムをとるなどして、コミュニケーションすることを学びました。実際に患者さんと接することで、理解が深まったと思います。

救急救命士科

豊富な実習が自信につながりました。

救急救命士科 2016年3月卒業 木嶋 貴大さん
愛媛県立八幡浜高等学校出身

2年間という短期間ですが、実習時間も十分に確保され、先生方の熱心で丁寧な指導を頂けるので、現場で即戦力として活動できる自信が持てました。 また、知識・技術だけでなく、傷病者との関わり方や接遇、礼儀までご指導頂けたので、人間的にも成長できた2年間だったと思います。

義肢装具士科

カテゴリーⅠを取得できる唯一の学校

義肢装具士科4年制 3年生 廣瀬 美生さん
京都府立亀岡高等学校出身

象の赤ちゃんが義足を装着する本を読んで、義肢装具士という仕事に興味を持ちました。この学校を選んだのは国際的にも活躍したいと思ったから。学園祭やスポーツ大会など、クラスが団結する行事もあり、楽しい毎日を過ごしています。

整形靴科

患者さんに喜んでいただける整形靴技術者になりたい。

整形靴科 2015年度卒業生 川越 岬さん
兵庫県立北摂三田高等学校出身

学校と同じ、ドイツ方式で靴づくりをしている会社から内定をいただきました。将来は、患者さんに喜んでいただける靴づくりができる整形靴技術者になりたいと思っています。

本校で夢を叶えた卒業生

Graduates dream come true in our school

student's voice

同じ夢をもつ仲間と出会い、頑張れた。

近藤 妃咲さん(介護福祉士科 2014年卒業)
兵庫県立武庫荘総合高等学校出身
社会医療法人 中央会 介護老人保健施設 ローランド勤務

介護老人保健施設に勤務し、主に認知症の方々のフロアで介護にあたっています。親戚が介護福祉士で、その影響もあってこの仕事を目指しました。神戸医療では、同じ夢をもつ仲間と一緒に学び、頑張ることができました。同期生はいまでも悩みを聞いてもらえる仲です。私は実習の記録を書くのが苦手でしたが、先生方の助言で気合いを入れて書いたのを憶えています。仕事をする上で記録をきちんと書くことがいかに大切か、あらためて実感しています。

開業をイメージして、実習に取り組んでいた

米田 慎弥さん(2011年卒業)
神戸市立神戸西(現:須磨翔風)高等学校出身

高校時代に大きな事故をしたことがきっかけで鍼灸治療と出合い、この業界を目指しました。中央校に入学して、鍼灸治療の知識や技術を磨いて卒業した後、鍼灸整骨院を開業しました。今では、1日30~40人の患者様を私とスタッフで施術しています。今、迷いなく患者様に鍼を打てるのは、中央校での豊富な実習授業で培った知識や技術が活きているからだと実感しています。

日々、自分の成長を実感できる仕事

茶谷 友一さん(2010年卒業)
花園大学出身
京都府中丹東保健所勤務

京都府中丹東保健所に、2012年から勤務しています。もともと、高齢者の方の役に立つ仕事がしたいと思い、大学では社会福祉士を目指して勉強していました。しかし、2005年4月25日、大学2回生の通学中に、JR福知山線脱線事故に遭遇しました。それ以降、大学生活が一変してしまいました。電車に乗るのが怖くなってしまったんです。後にPTSD(外傷後ストレス障害)と診断されました。電車に乗れないと学校にも通えません。ゼミの教授に紹介していただいた「兵庫県こころのケアセンター」で治療とリハビリを重ね、ようやく1年半後、学校に通えるまでに回復しました。

患者さんに信頼、尊敬される理学療法士へ。

廣田 洋輔さん(理学療法士科 2014年卒業)
多可赤十字病院勤務
兵庫県立西脇工業高等学校出身

整形外科でのリハビリに興味がありましたが、学びの中で中枢疾患や呼吸器疾患など他の分野にも関心を持つようになり、さまざまな疾患に対応されている病院への就職を決めました。将来は、臨床現場で知識と技術を高めると共に、患者さんにはいつも同じ対応ができる理学療法士になりたいです。

希望の就職を実現!

山口 淳さん(作業療法士科 2015年度卒業)
兵庫県立社高等学校出身
医療法人社団輝生会 

スポーツでケガをした時にリハビリをして頂いたことがあり、人の役に立ちたいという思いもあって、作業療法士を目指しました。
就職試験の際には、担任やキャリアセンターの先生方に履歴書や面接の指導を頂き、希望していた脳血管リハビリテーションの分野で実績のある病院に就職が決まりました。

自信を持って自分をアピールできました

小西 舞香さん(言語聴覚士科 2015年度卒業)
兵庫県立夢野台高等学校出身

キャリアセンターでは、履歴書の書き方や、面接指導をしていただき、本番当日では、自信を持って自分をアピールすることができ、伝えたいことをしっかりと話すことができました。これからは学んだ知識を活かして活躍を目指したいです。

授業での勉強を大切にし自宅でも復習を徹底。

引本 和希さん(救急救命士科2016年3月卒業)
兵庫県立赤穂高等学校

公務員試験に向けて時間があまりなかったので、1回1回、授業を大切にし、自宅でも勉強しました。先生には、面接練習のほか、試験の傾向と対策など、細かい部分までサポートしていただきました。

就職活動でキャリアセンターにお世話になりました。

宮崎 菜緒さん(義肢装具士科4年制 2015年度卒業)
私立常葉学園菊川高等学校出身

この学校を選んだのは、就職率が100%だったから。もともと、人と関わることが好きなので、製販分離に取り組み、営業に力を入れている会社に就職が決まってとても嬉しいです。就職試験の際は、面接での自己PR方法などを教えて頂きました。

先生に背中を押していただきました。

森下 遼さん(2014年卒業)
株式会社アシックス勤務
大阪府立河南高等学校出身

中学生の頃からスポーツシューズ作りに携わりたいと思っており、夢が叶いました。就職活動の際は、学外実習で卒業生の方からアドバイスをいただけたのが、とても励みになりました。ここで学んだ靴作りの知識を、卒業後、役立てたいです。