【救急救命士科】三田校ならではの実践力の秘密!シミュレーション実習に潜入★

こんにちは。救急救命士科です。

今回は、三田校救急救命士科「シミュレーション実習」について紹介します!

 

シミュレーション実習とは、あらゆる場面を想定して行う実習です。

三田校では、学生自らが考えた症例でシミュレーション実習を行っています。

1

今回の症例は、かなりの判断力が求められるケース。

70代高齢男性が腹部を刺されていると隣人より救急要請あり。

さらに、現場に居合わせた奥さんの言動がおかしい…

2

高齢男性の横で突然叫びだす奥さん!

男性に処置をしていた救急隊員と警察官が近寄り対応します。

 

傷病者役も学生が行います。

その様子は真剣そのもの!教室に緊張感が漂います。

現場さながらの緊迫した雰囲気の中、自分たちの学んできた知識・経験を頼りに対応します。

3

最後に、周りで見ていたクラスメイトから、適切な観察・判断・処置ができていたかアドバイスをもらいます。

そして、先生からの具体的なフィードバックで、現場に立ったときに活かせるように再度振り返りをします。

今回のケースでは、状況評価の大切さ、応援を呼ぶ判断の大切さを学んだようです。

 

三田校救急救命士科では、このような独自の「シミュレーション実習」を重ねることで、現場で活かせる実践力を養います。

2年生になってぐんぐん応用力を身につけてきた学生さんたち、これからの成長がますます楽しみですね!

 

bnr_oc_cv001

学生の隊活動が見れる★オープンキャンパスはこちら

 

bnr_twitter

シミュレーション実習の様子を動画で配信中☆

神戸医療福祉専門学校三田校のツイッターはこちら