【精神保健福祉士科】4/23(日)卒業生講演会を実施しました!*次回は5/28(日)14:00~です★

2017年4月は、『心理学を活かした職業「精神保健福祉士」~1年間の学校生活と現場について~』
というテーマで講演会を実施しました。

【精神保健福祉士科】4/23(日)卒業生講演会を実施しました!*次回は5/28(日)14:00~です★

講演者は、2010年度卒業生の濱野侑子さんと2013年度卒業生の柴田麻衣さんです。

【精神保健福祉士科】4/23(日)卒業生講演会を実施しました!*次回は5/28(日)14:00~です★

精神科病院で働く精神保健福祉士の濱野さんは、神戸親和女子大学で心理学を専攻されていました。
濱野さんは大学入学時、大学院へ進学し臨床心理士を目指しておられましたが、
学業を進めて行くうちに精神科病院で仕事をする上で
臨床心理士は最良の資格であるのかと思い始めたそうです。

そんな中、大学のゼミの先生から精神保健福祉士について教わり、
自分の一番したい仕事こそ精神保健福祉士だと気付き
専門学校への入学を決断されました。

その他、本校への入学動機や卒業までの1年間の過ごし方、
国家試験合格までの道のりとエピソード、就職活動、業務内容とやりがい、
事例についてお話して下さいました。

【精神保健福祉士科】4/23(日)卒業生講演会を実施しました!*次回は5/28(日)14:00~です★

障害者地域生活支援センターで働く精神保健福祉士の柴田さんは、
神戸学院大学で心理学を専攻されていました。

柴田さんは、大学時代に発達障がいやその疑いのある子どもたちの学習補助を行うボランティア活動や
学童保育でのアルバイトもされておられました。

その活動を通し、自分が必要とされているという実感や心が動かされる瞬間が沢山あったそうです。

この経験から、福祉職のプロを目指そうと考え始め、
大学で学んできた心理学を活かせる精神保健福祉士を志されました。

柴田さんからも学校生活や国家試験合格に向けて工夫されてきたこと、
また、学校の紹介で業界アルバイトをされており、
そこでのSST(社会生活技能訓練)や発達障害を持つ利用者の方とのふれあいが、
勉強のモチベーションを継続する力になったとお話されていました。
このような本校での経験が、今日の仕事で意味のある日々を送っている力になっているということです。

今後の濱野さんと柴田さんのご活躍をお祈りしております。

次回の講演会は、2017年5月28日(日)14時~16時
講演内容は、『病院・施設における精神保健福祉士の役割と業務』です。
是非、ご参加ください。お待ちしております。
★お申込はコチラ★