【鍼灸科】鍼灸師になるには?学校選びのポイントは?

鍼灸師になるには医療系国家資格「はり師」「きゅう師」を取得する必要があります。

鍼灸師

「はり師」「きゅう師」の国家試験を受験するには、
神戸医療福祉専門学校中央校のような3年制の専門学校や4年制の大学に入学し、
卒業(卒業年次に受験)する必要があります。

鍼灸師 スポーツ

また、鍼灸師はスポーツトレーナーとしてスポーツ業界でも活躍ができ、
話題の美容鍼灸を始めとする美容業界、デイサービスを併設する鍼灸院や訪問鍼灸などの福祉業界と、
活躍のフィールドが広がっています。

鍼灸師 美容

神戸医療福祉専門学校中央校の鍼灸科は“幅広い分野で活躍出来る鍼灸師”になるために、
スポーツ、美容、福祉、全ての分野を学ぶカリキュラムとなっています。

鍼灸師 福祉

さらに医療業界で現在とても重要だと言われている「チーム医療」についてもしっかりと学び、
実際の患者さんにご協力頂き、
姉妹校である神戸医療福祉専門学校三田校のリハビリテーション関連学科との連携授業も行っています。

鍼灸師 チーム医療

鍼灸師の専門学校はどの学校も3年制ですが、時間割や授業時間数、カリキュラムは異なります。
オープンキャンパスで授業時間数や学べる分野をしっかりと確認し、
“自分に合った”“自分が学びたいことが学べる”学校選びをして下さいね!

鍼灸師 オープンキャンパス

★スポーツ・美容・医療・福祉、全ての分野を学ぶ神戸医療福祉専門学校中央校の鍼灸科について、もっと詳しく知りたい方はコチラ★

★神戸医療福祉専門学校中央校鍼灸科のオープンキャンパスや個別相談会の日程はコチラ★