【作業療法士科】陶芸に挑戦!

皆さんこんにちは!

作業療法士科 入学事務局の木下です!

作業療法士科の1年生は、ただいま『陶芸』の授業に取り組んでいます!

図2

作業療法で陶芸?

と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

陶芸をするためには、土をこねたり(力を込める)、形を整えたり(手のひら、指先を使う)・・・

細かな作業が必要なのです。

この作業を使って、楽しみながら患者さんのリハビリができる、という訳ですね。

図3

この講義では、プロの陶芸の先生に来てもらって、教えてもらっています。

図4

皆さん、真剣な表情で聞いています!

そして、形を作れたら、乾燥させて、最後は焼き上げます。

図5

なんと、三田校には陶芸用の釜があり、学校内で焼き上げることができるのです!

自分の作品を持って、笑顔☆

お気に入りのペンを入れるためのペン立てを作ったそうです。

図1

右に持っているのは籐細工の作品。

こちらも細かな作業を用いるので、作業療法で学びます。

大事なのは完成度よりも、その工程の中から、どんなリハビリにつながるかを考えることなのです。

皆さんも、ものづくりを通じて、患者さんの役に立つリハビリを体験してみませんか?

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

革細工で作業療法体験♪

6月7日(日)

13:00~16:00

ご予約は下記より↓↓

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

この他にも、体を動かしたり、ものづくりに挑戦できるオープンキャンパスを開催しています!

もちろん、気になる入試の話も聞けますよ☆

詳しくはこちらから☆☆