リハビリの仕事 「理学療法士」 の体験 ~ストレッチで柔軟性を競え!~

 

リハビリの仕事「理学療法士」って?

 

理学療法士は、ケガや病気、障がいなどによって身体能力が低下した患者さんに、リハビリテーションを行っていく仕事です。

リハビリテーションの中でも、「歩く」「立つ」「座る」など基本的な動作から関わっていくのが理学療法士です。

理学療法士としては、患者さんのケガや障がいなどの予防や、筋力を強くするために「ストレッチ」を行うことがあります。

運動部に入っている高校生の皆さんは、部活でもストレッチをすることが多いのではないでしょうか。

理学療法の観点からもっと効果的なストレッチが見つかる!

 

理学療法士は、カラダの仕組みや動きのプロです :-P

普段やっているストレッチも、理学療法の知識があれば、もっと効果的になるかも!?

ストレッチ紹介

 

例えば、これは太もも裏のストレッチです☆

図1 図2

理学療法の知識を身につけて実施することで、

「この方法がなぜ効果的なのか」

「裏太もものストレッチをすることでどういう動きに効果的なのか」

を知ることができ、もっと楽しくなりますよね!

そんな効果的なストレッチを体験しながら、理学療法士の知識を身につけることができるオープンキャンパスがあります☆

12/24(日) 11:00~15:30

学生スタッフも一緒のチーム対抗戦でストレッチを行い、柔軟性を競います :-D

1224-PTみんなでワイワイしながら体験するので、友達と一緒に参加大歓迎!ご家族も参加していただけます♪

「運動部で使えるストレッチを知りたい!」「理学療法士の仕事を知りたい!」そんな皆さんをお待ちしています :-P

さらに、この日は、クリスマス特別オードブルケーキやケーキつき!

ご予約は以下のいずれかからしてくださいね☆

★オープンキャンパス予約ページから

PT_OC

 

★LINEからLINE_CV

 

★お電話から

0120-511-294