【言語聴覚士】子どもと関われる職業:言語聴覚士の魅力♪

こんにちは!入学事務局の馬本です。暖かい日と寒い日と気温差のある毎日ですね。皆さん、体調管理には気をつけてくださいね!

st

言語聴覚士科 2年生

多田羅 由衣さん

多田羅さんの子供が大好きで“保育士”として働いていました。その中で次第に言語聴覚士として働くことを決意していきました。多田羅さんが、なぜそう思ったのか?きっかけをぜひ参考にしてみてください★

——————————————————————–

・言語聴覚士を目指そうと思ったキッカケは何ですか?

お子さんをお預かりする療育施設で、保育士として働いていたとき、障がいに対しての知識はほぼ独学で、保育に対して限界を感じていました。

そこで、もっとお子さんの症状に合わせた関わり方が出来たら、と次第に思うようになったんです。

小児の分野コミュニケーションに重点をおいた言語聴覚士を目指そうと思いました。

・三田校を選んだ決め手は何ですか?

三田校を選んだ決め手は、実習時間の多さです

施設で働いていたとき、学校での実習の大切さを感じたのもあり、

4年間かけて確実に勉強したいと思いました。

オープンキャンパスに行くまでに、いろいろと情報は確認していましたが、

ここで初めて知る言語聴覚士の仕事内容もあり、また先生方が年齢的な不安なども

よく相談に乗ってくださり、ここでなら自分が頑張っていける!と思いました。

勉強や実習を通して、クラスの皆に助けられていることを日々実感しています。

言語聴覚士がどんな仕事かイメージがまだ掴めていない方は、ぜひ1度オープンキャンパスに足を運んでみてくださいね。

——————————————————————–

いかがでしたか?子どもと関われる仕事に就きたいと考えている皆さん、ぜひ多田羅さんの話も参考にしてみてくださいね♪

言語聴覚士科のページはこちら!

春休み特別オープンキャンパスのご予約はこちら!