発達・こころに興味がある高校生へ☆アイロンビーズがなぜ作業療法になる?

作業療法士は、発達・こころに関わる仕事

 

「作業療法士」は、身体・こころ・発達期・老年期の4つの分野に障がいをもつ方が対象のリハビリテーションの仕事です。

その中でも発達こころの障がいをもつ患者さんに対しては、「作業」を通してその人らしい生活が送れるようサポートします。

作業療法士がリハビリで使う「作業」には木工、陶芸、レクリエーションなどさまざまなものがありますが、今回はその一つであるアイロンビーズをご紹介します♪

image1

やってみよう!アイロンビーズで作業療法

 

アイロンビーズとは、アイロンの熱でくっつく専用のビーズのこと。

このアイロンビーズを使って、簡単かわいい作品をつくることができます

まずは、専用のプレートに並べていきます。

_MG_0301

次に、プレートに並べたアイロンビーズの上にシートを乗せてアイロンをかけます。

_MG_0307

完成です☆

image2

作品は、そのまま飾りにするのもよし。コースターにしたり、ひと手間加えてマグネットアクセサリーにしたりするのもいいですね☆

さて、実はこの一見簡単なアイロンビーズの工程の中に、発達やこころのリハビリになるポイントがたくさんあるのです

アイロンビーズがなぜ作業療法になるのか??確かめたいかたはこちら↓↓

アイロンビーズで飾りづくり♪~発達・こころの作業療法~

1224(日) 11:00~15:30 ☆ランチ付

アイロンビーズを実際に体験しながら、「なぜアイロンビーズが作業療法になるのか」先生が教えてくれるオープンキャンパスです!

発達こころのサポートに興味がある方はぜひ参加してみてくださいね♪

OTクリスマス

以下の3つのいずれかでお申し込みください♪

★予約ページから

OT_OC

★LINEから

LINE_CV

★お電話(フリーダイヤル)から

 0120-511-294

 

他の手法(藤細工)についてはこちらのブログでもご紹介しています♪

MG_0745

作業療法士の仕事全般・本校の特徴について詳しく知りたい方は以下のバナーから☆

OT_GAKKA