理学療法士のリハビリってどんな仕事?

リハビリの仕事に興味を持っている高校生の皆さんへ

さて、今日は、高校生の皆さんから質問されることの多い

「理学療法士のリハビリって何をするのか」をテーマに理学療法士の仕事を紹介していきたいと思います。

 

理学療法士の仕事

 

009

 

理学療法士は、怪我や病気、障がい等によって身体機能が低下してしまった患者さんに、「立つ」「歩く」「座る」を中心に治療をしていく職業です。

そもそも、理学療法士のように国家資格を取得した上で働く医療職は、共通して、
人と関わりながら、人の役に立てる仕事です。

その中でも、特に理学療法士は患者さんの身体を元の生活に戻れるよう、リハビリをしていく職業ですので、

一人一人の患者さんの身体はもちろん、その方の生活や気持ちに寄り添い、

深く関わっていくことのできる仕事なのです。

具体的な理学療法士のリハビリの流れとしては次のようになります。

 

①検査

IMG_0748-142

患者さんの筋力や運動能力などを検査して、身体の状態を把握します。

②運動療法

 

IMG_0739-141

歩行など、患者さんの日常の基本動作の練習から関節がなめらかに動くように練習を行います。

 

③物理療法

 

IMG_0777-147

マッサージなどで痛みを和らげたり、運動療法をより効果的にするための準備を行います。

 

このように、患者さんの検査から、治療方針を決定し、訓練するまでを自分で担当するので、患者さんの身体機能が回復した時には、共に喜びを分かち合うことができます。
患者さんに寄り添い、自分の頑張りが患者さんの回復に繋がっていく、やりがいのある仕事なのです。

理学療法士の仕事に少しでも興味を持たれた皆さん、一緒に理学療法士という仕事を目指してみませんか?

理学療法士の仕事をもっと知りたい方は、
オープンキャンパスで先生や学生スタッフの話も聞いてみましょう!

 

PT_GAKKA

PT_OC (1)

 

リハビリでも、職業は1つではありません。作業療法士や言語聴覚士という仕事もあります。

作業療法士についてはこちら

言語聴覚士についてはこちら