BLOG

☆卒業生インタビュー☆理学療法士の資格を活かしてスポーツトレーナーとして活躍している卒業生を紹介!

理学療法士科

2022.6.17

「スポーツに関わる仕事がしたい!」という理由で理学療法士を目指そうと思っている方はとても多いかと思います。

そこで今回は“スポーツに関わっている”神戸医療福祉専門学校三田校 理学療法士科(4年制)の卒業生を紹介!

本校を卒業後、病院で6年、訪問看護ステーションで4年勤務した後、「家でもない、職場でもない、“第3の場所”を提供したい」という想いを込めて2022年4月に3RD PLACE(サードプレイス)立ち上げた7期生の段村 空さん。

段村さんは10年間、理学療法士として様々な患者さんと関わってきた中で「この人達はケガや病気をする前はどんな生活をしていたんだろう?」と考えるようになり「この人達がもっと健康な時に会いたかった」という想いが強くなりました。

目の前の人々のケガや病気を予防するため、また健康を維持するために理学療法士としての知識や技術を使って社会に貢献したいと思い独立しました。

3RD PLACEの活動は、企業や法人向けの福利厚生の一部としての運動指導や幼児を対象とした運動塾、児童を対象とした体育教室など多岐にわたっています。

さらに現在は大阪府豊中市での介護サービスの新規立ち上げにも関わる活動を始めています。

現在はスポーツトレーナーやスポーツインストラクターの様な仕事をしているように見えるけれどあくまでベースは“理学療法士”という段村さん。

“身体の動き”を、より解剖学や運動学で分析し個人に合ったトレーニングやアドバイスをしています。

一般の方々に「おもしろそう」と興味をもって頂くためのコンテンツとして『HIIT THE BEAT』公式トレーナーの研修を受け、それを武器にパーソナルトレーナーとして活躍しています。

これまでは病院など“医療現場の中だけ”で働いてきた段村さんですが“医療現場の外”に出て、子どもから大人、高齢者など、様々な方々と関わる中で理学療法士の新たな価値や、出来ることの幅広さに気づくことが出来たとのことでした。

社会人になってコミュニケーション能力の重要性を感じた段村さん。

将来的には理学療法士を目指す学生達のコミュニケーション能力を向上させるために学校でもない、病院でもない、まさに“第3の実習先(=3RD PLACE)”として役立てて頂けるような施設を立ち上げたいとのことです。

段村さんのモットーは「関わる全ての人を幸せにしたい!」

これからも様々な方々を幸せに出来るよう、是非とも頑張って下さいね!

段村さん、ありがとうございました!

■神戸医療福祉専門学校三田校の理学療法士科(4年制)について詳しく知りたい方はhttps://www.kmw.ac.jp/gakka/pt/

CAMPUS

キャンパス紹介

中央校

Kobeiryo Chuo

0120-480-294

〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
TEL:078-362-1294

学べる学科

公式SNS

三田校

Kobeiryo Sanda

0120-511-294

〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
TEL:079-563-1222

学べる学科

公式SNS

オープンキャンパス開催中