福祉学科総合

DEPARTMENT

福祉系職種を目指せる学科

A JOB YOU CAN ASPIRE TO

神戸医療福祉専門学校で
未経験から
福祉業界の即戦力へ

 

「人の役に立ちたい」という強い気持ちから、福祉関係の仕事をめざす方は多いと思います。

ただ介護福祉士や社会福祉士、精神保健福祉士など、福祉に関連する資格や仕事は数多くあり、将来どの職業に就くべきか迷ってしまいますよね。
ところで、なぜ福祉関連の職業はこんなにも多いのかご存知でしょうか。それは、サポートが必要な人を多面的にケアするためです。たとえば高齢者に対しては、食事や入浴のサポート、身体機能の回復のサポート、心のサポートなど、あらゆる観点からのケアが必要です。それぞれの専門家が連携し合うことで、十分なサポートができるのです。
神戸医療福祉専門学校は、医療・福祉・リハビリに携わる専門職がそれぞれ連携する「チーム医療」を大切にする学校です。

神戸医療福祉専門学校で未経験から福祉業界の即戦力へ

WORKPLACE

神戸医療福祉専門学校の
福祉系学科で目指せる職場

 
介護福祉士科

介護福祉士科

高齢者福祉施設/児童福祉施設/障害者福祉施設

精神保健福祉士科

精神保健福祉士科

生活支援施設/医療機関/行政機関

整形靴科

整形靴科

義肢装具製作会社/整形靴・健康靴専門店/シューズメーカー/専門商社

FINDING EMPLOYMENT

福祉業界への就職
考えている方へ

 

福祉業界の現状

高齢化社会やストレス社会により、日本国内には福祉サポートを必要とする方が非常に多いです。
しかし現状、福祉業界は人材不足だと言われています。人材不足の理由としては、福祉業界は仕事がハードで薄給だというイメージが先行しているからです。ただ、給与面に関しては政府が処遇改善を試みていますし、大きなやりがいが得られることに魅力を感じて福祉業界をめざす方も多いです。また近年では、やりがいや手に職を求めて、異業種から転職してくる方もよく見られます。

福祉業界に求められる人材とは

福祉業界では、相手を思いやる気持ちを持つことが求められます。
相手が何に困っていて、どんな支援を求めているのかを的確に見極めることが必要です。
そのために、コミュニケーションを上手く取ることや、正しい知識や技術を身につけていることが求められます。また、学びの姿勢を持つことも重要です。
福祉業界では、あらゆる分野の総合的な知識が必要になります。専門家の研究により情報がアップデートされていくので、働きながら新しい知識を勉強することも大切です。

福祉業界に就職するには

福祉関連の仕事は人を相手にする職業なので、正しい知識や技術が必要です。
そのためには、独学ではなくきちんと学校で勉強するのが良いでしょう。福祉の勉強では座学はもちろん、実習もとても重要です。そのため現場で実際に職業体験ができたり、他の福祉系の学科と連携して授業ができたりする学校を選ぶと良いでしょう。またほとんどの仕事は、福祉に関する資格が求められます。中でも国家資格を持っていれば、活躍できる範囲が広がったり、給与待遇が良くなったりと、メリットも多いです。

福祉業界のこれから

福祉業界は、今後も人材確保が課題となるでしょう。
そのため労働環境や給与など、待遇の改善が期待できます。また異業種からの参入や、外国人の増加、そしてAIの導入もされると予想されています。AIの導入と言うと、仕事を奪われるというマイナスイメージがあるかもしれません。しかしその逆で、AIによって仕事の効率化が進み、人間の負担が軽減されることが期待されます。今後は、福祉業界はハードだというイメージも変わっていくことでしょう。

福祉業界への就職を考えている方へ
福祉業界への就職を考えている方へ
福祉業界への就職を考えている方へ

OPTIMUM

福祉業界は
こんな人が向いている!

 

人と接するのが好きな人

人と接するのが好きな人

まずは、人と接するのが好きであることが何より大切です。
既にご紹介した通り、福祉は人をサポートすることが仕事です。相手を知り、寄り添いたいという気持ちが、患者さまのサポートにつながります。

臨機応変に動ける人

臨機応変に動ける人

福祉の現場では予想外のことが起こりやすいので、そうした事態に柔軟に対応できる力も求められます。
最初はパニックになったとしても、正しい知識や経験で、次第に上手く対応できるようになります。

GRADUATE

福祉業界に進んだ
神戸医療福祉専門学校の
卒業生

 
山崎 達哉さん

山崎 達哉さんTatsuya Yamazaki

(介護福祉士科 2009年度卒業)
神戸市立神戸西高等学校出身(現:神戸市立須磨翔風高等学校)
社会福祉法人 甲山福祉センター 西宮すなご医療福祉センター 勤務

利用者さんのケアだけではなく、
関わり方を考えることが大切。

ケアをすることはもちろんですが、利用者さんの目を見て話したり、プライバシーに配慮したりと丁寧な接し方を心がけています。介護の視点にとらわれず、利用者さんやご家族、周りのスタッフの視点に立って考えることは介護福祉士としてとても重要です。その中であたたかい現場をつくり、皆さんに笑顔になってもらうため日々取り組んでいることが、自分にとって自信につながっているのだと感じています。

ACHIEVEMENTS

実績紹介

 
介護福祉士科

介護福祉士科

国家試験合格率97%の実績と、12年連続就職率100%の実績を持ちます。
求人情報は766件あり、高齢者施設や、障がい児(者)関連施設や介護老人保健施設、児童福祉関連施設などの各種施設への就職実績があります。

精神保健福祉士科

精神保健福祉士科

国家試験合格率は98.3%と、抜群の合格率の高さを誇ります。
就職率も100%で、多くの卒業生を業界に輩出してきました。
就職先は、生活支援施設が約半数を占め、その他にも医療機関や、ハローワークなどの行政機関などがあります。

整形靴科

整形靴科

就職率100%で、広い就職先があります。
半数は義肢装具制作会社、その他にも靴販売店、靴メーカー、靴商社などへの就職が多く、医療系だけでなくスポーツシューズやファッションシューズ関連の企業にも就職が可能です。

護福祉士科

介護福祉士は、高齢者や障がいがある方に、快適な生活を送っていただくためのサポートをします。
利用者の「よりよい生活」を実現するために、ご家族の方への助言や指導など幅広い援助を行います。介護福祉士科は国家試験の合格率が97%を誇ります。
ゼミや模擬試験、個別学習会など、充実したサポートで学生の合格を支援します。
さまざまな場所で活用できるスキルを身につけることができ、卒業生の就職先は高齢者福祉施設・児童福祉施設・障害者福祉施設と多様です。

介護福祉士科の詳細を見る

介護福祉士科

神保健福祉士科

精神保健福祉士は、統合失調症や気分障がい(躁鬱病など)、神経症、摂食障がい、アルコール・薬物依存症など様々な個々の病や精神疾患で悩んでいる方への支援・相談、訓練など、保健と福祉の両面からサポートする職業です。
兵庫で唯一、夜間1年間で精神保健福祉士をめざせる学科で、大卒者を対象としています。国家試験合格率98.3%と高い合格実績がありますが、これはインターネットによる学習など、試験対策の環境が十分に整っているためです。

精神保健福祉士科の詳細を見る

精神保健福祉士科

形靴科

整形靴技術者とは、扁平足や外反母趾など足のトラブルを抱えている方に対し履き心地よく、歩きやすい靴を製作するのが仕事です。
足の悩みを聞き、靴の製作、加工、フィッティングを行い、お客様に提供します。
整形靴を学べる国内唯一の養成校であり、医学的知識・機能性・ファッション性と多方面から靴づくりについて学ぶことができます。
卒業後は、約半数が義肢装具制作会社に就職し、一般靴のメーカーや商社に就職する人も多いです。

整形靴科の詳細を見る

整形靴科

CAMPUS

キャンパス紹介

中央校

Kobeiryo Chuo

0120-480-294

〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
TEL:078-362-1294

学べる学科

公式SNS

三田校

Kobeiryo Sanda

0120-511-294

〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
TEL:079-563-1222

学べる学科

公式SNS