鍼灸師のやりがいとは

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の鍼灸科が執筆しています。

どのような職業においても、働く人にとって、その仕事のやりがいというのは重要なものですよね。
鍼灸師の仕事においても、実際に働いている人が感じている様々なやりがいがあります。
ここではそんな鍼灸師のやりがいについて見ていきましょう。

 


  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の鍼灸科が執筆しています。

 

患者さんからの感謝の声

自分の仕事に対して、感謝してくれる人がいるというのはとても嬉しいことですよね。鍼灸師は、施術を行なった患者さんから感謝される機会がとても多いため、喜びややりがいを特に感じられる職業です。
鍼灸師が行うはり治療やきゅう治療では、施術を受けに来る患者さんの身体の悩みや不調を解消します。良い治療をすれば患者さんの表情は自然と明るくなり、その様子は鍼灸師にとって大きな励みになるのです。

お年寄りの役に立つことができる

鍼灸師と高齢者超高齢社会に差し掛かっている現在の日本では、体の様々な不調に悩まされている高齢者が増えています。
高齢者の身体の悩みとして多いのが腰痛や肩こりなどです。そういった身体の痛みは、筋肉が緊張して血行が悪くなることで発症します。若い人であれば回復力が高いため、深刻な症状には陥りませんが、高齢になってくると回復力が衰えてしまい、慢性的な肩こりや腰痛などの症状が出てしまうのです。
鍼灸治療では、経穴への刺激によって血行を良くし、そのような症状を和らげることができるのです。また、血行が良くなると、他にも高血圧や糖尿病の改善や腎臓、肝臓などの活性化も促します。
これからの日本では、高齢者へのケアが一つの課題となっていきます。鍼灸師はそれに寄与する専門職として、誇りややりがいを持って取り組むことのできる仕事になるでしょう。

女性の悩みを解決することができる

高齢者の悩みの他に、女性に特有の悩みを解決することができるのも鍼灸治療の特徴です。
女性には、男性にはわからない特有の悩みというものがあります。その最たるものが、ホルモンバランスの乱れです。
思春期や高齢期などの女性は特に、女性ホルモンの分泌量の増減が激しくなってしまうことがあり、生理不順や生理痛、自律神経の乱れ、更年期障害などの症状を引き起こしてしまいやすくなります。
鍼灸治療ではホルモンバランスを整える経穴も刺激することができ、それらの症状を改善することができるのです。
特に、生理痛に大きな悩みを持つ女性はたくさんいます。動くことができないほどの痛みを感じてしまう人や、激しい吐き気を催してしまう人もおり、対処法に悩んでいます。そのような症状に、鍼灸の生理機能を正常化させる治療を施すことはとても効果的なのです。
症状を和らげる一時的な対処法しか見いだせていなかった方の中には、鍼灸治療によって悩みから解放されたという人がたくさんいます。切実な悩みを解消できることは、大きなやりがいにつながるでしょう。

美容効果をもたらすことができる

美容鍼鍼灸師のもとにやってくるのは、決して身体の不調に悩む人ばかりではありません。鍼灸治療には、実は美容効果も期待できるのです。
鍼灸治療の主な作用として血行の促進がありますが、それによってむくみの解消を促すことができます。手足などのむくみに悩む女性は多く、美容効果を目的として鍼灸師のもとへやってくる人も多いです。
またむくみの解消以外にも、肌の内側の血管や神経への刺激によって、顔のシミやしわの解消も期待することができます。
女性にとって美容は身体の健康と同様にとても重要なものですよね。実は女性の喜びの声を最も聞くことができるのは、美容を目的とした鍼灸かもしれません。

まとめ

鍼灸師の仕事では、その施術を通して様々なやりがいや喜びを感じることができます。
身体の不調に悩む高齢者や女性の方からの感謝の言葉や、美容効果によって大きな喜びを得た女性の笑顔などは、鍼灸の仕事を続けていくモチベーションになるでしょう。
>>鍼灸師になるにはこちらをチェック

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 中央校>
鍼灸・介護・精神
住所〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
お問い合わせ078-362-1294
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/