鍼灸師の給料・収入とは

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の鍼灸科が執筆しています。

このページを見ている皆さんは、少なからず鍼灸師として働くことに興味を持っている方々だと思います。
しかしどんな職業でもその給料や収入というのは度外視できない部分であり、職業を選ぶ上で最も気になるポイントの一つではないでしょうか。
ここでは鍼灸師という職業を、給料・収入に着目して見ていきたいと思います。
 

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の鍼灸科が執筆しています。

鍼灸師の給料

鍼灸師の1ヶ月の給料の相場は、21〜30万円ほどになっています。ここから考えて、平均年収はおおよそ350〜500万円ほどということになります。
経験の差がある若手とベテランでは給料にも大きな開きがあり、経験を積んでより高度な技術を身につけていくことで確実に昇給していくことができるようです。
また働く形態によっても収入は変わり、独立開業すれば、より高い収入を目指すこともできます。しかし独立開業にはリスクも伴い、また開業以降も安定した収入を得るのに苦労をする場合があるため、誰でも簡単にできるものではありません。

鍼灸師として収入を増やすためには

鍼灸師として収入を増やすためには鍼灸師の中にもより稼いでいる人とそうでない人がいます。その違いとは一体どこにあるのでしょうか。
医療職の中にも、独立開業できる権利である開業権がある職業とない職業があります。鍼灸師は数少ない開業権のある職業で、独立して個人で鍼灸院などを開業することが許されています。
独立開業する鍼灸師はその多くが、いちど鍼灸院や病院で勤務したのちに独立しています。たくさんの患者さんにその技術を認められ、お得意様を確保した上で独立できた場合には、年収が1000万円を超えることもあり得る話です。しかし独立開業する場合には、鍼灸治療の技術に加えて経営のスキルも身につけなければならないため、なかなか簡単な話ではありません。
リスクも多いために足踏みをしてしまうということもあるかと思いますが、そのような場合には独立開業を目指すのではなく、多店舗展開の鍼灸院などで院長を目指すというのも収入を増やす一つの方法です。開業したわけでなくとも、従業員として雇用されて勤務する場合に比べるとより高額な給料が望めるでしょう。

まとめ

鍼灸師の1ヶ月の平均給料は21〜30万円、年収にしておよそ350〜500万円ほどとなっています。
経験や技術によって給料は変わり、また労働形態によっての収入の違いもあるようです。
鍼灸師に開業権があるという点は大きく、独立開業することでより高収入を目指すことができます。

鍼灸師になるための方法についてはこちら

鍼灸師を目指すなら神戸医療福祉専門学校で学びませんか?

神戸医療福祉専門学校鍼灸科では、過去5年の国家試験の合格率は、「はり師」「きゅう師」ともに92.9%

高い合格率に裏付けられ、希望者の就職率も6年連続100%に達しています。

ご興味がある方は、ぜひ以下のオープンキャンパスや鍼灸科の詳細情報をご覧ください。

卒業生の声

「25歳で開業、今では1日30名以上の患者様を治療。2017年に2店舗目も」(2010年度卒業)

「鍼灸とエステを融合させた施術を行うサロンで活躍中」(2013年度卒業)

>>卒業生の声の詳細はこちら

ご興味がある方はぜひ以下のリンクより学校の詳細をご覧ください!

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 中央校>
鍼灸・介護・精神
住所〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
お問い合わせ078-362-1294
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/