鍼灸師がスポーツトレーナーとして働くには

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の鍼灸科が執筆しています。

鍼灸師の働き方の一つとして、スポーツトレーナーがあります。
スポーツトレーナーは近年注目され始めている鍼灸師の活躍の場の一つで、特に若手の鍼灸師の間で人気が高まっています。
ではスポーツトレーナーとして働く鍼灸師は、いったいどのような仕事をしているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。


  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の鍼灸科が執筆しています。

「スポーツトレーナー」という仕事

「フィジカルトレーナー」「アスレティックトレーナー」とも呼ばれる「スポーツトレーナー」は、スポーツ競技者や競技団体の運動に関する指導、また怪我の予防や治療などを行う仕事です。
さらに広く見ると、スポーツジムやフィットネスクラブなどでトレーニングを行う人たちへの指導や補助を行う「インストラクター」や、一般人向けに健康維持や肥満予防を目的とした運動指導を行う人なども含まれるうようです。
総じて主な仕事内容は、トレーニングの指導、怪我の予防や治療、リハビリテーション、栄養管理、生活指導などが挙げられます。
トレーニングやリハビリの際のプログラム作成、運動後のテーピング・アイシング・ストレッチなどの補助なども行い、また状況に応じて鍼灸治療やマッサージなどの施術も行います。

スポーツトレーナーの資格

スポーツトレーナーには特に決まった資格はなく、日本では今のところ職業としての明確な定義はなされていません。
しかし何の資格もなく、知識や経験のない人がスポーツトレーナーとして働くというケースはほぼなく、たいていの場合は鍼灸師などの国家資格を持って現場経験を重ねながらキャリアアップしていくという形になっています。
鍼灸師の資格である「はり師」「きゅう師」や、「あん摩マッサージ指圧師」「柔道整復師」などの国家資格を持つ人は、養成機関で定められた専門教育を受けており、スポーツトレーナーの仕事に必要な医学知識を持っているため、活躍の場が用意されているのです。

スポーツトレーナーになる方法

鍼灸師になるための「はり師」「きゅう師」の資格を持っていれば、スポーツトレーナーとして働くことはできます。これは医学的な観点から治療行為を行うことができる鍼灸師が、スポーツトレーナーとして働く上で強みになるからです。
資格が揃ったら、スポーツ競技団体や企業、スポーツジムやフィットネスクラブなどに就職活動を行います。自分の希望する職場やその後のキャリア形成なども考慮し、より有効だと思われる資格を揃えると順調に進んでいけるかもしれません。

スポーツトレーナーの収入

スポーツトレーナーの収入は人によって様々で、勤務する職場や勤務形態によって異なってきます。
スポーツ競技団体や企業に勤める場合、年収はおよそ300〜1000万円と非常に幅広くなっています。それまで重ねてきた実績や経験などが収入に大きく影響するため、大きな開きが生まれるようです。
スポーツジムやフィットネスクラブで働く場合にも就業先によって差はあるものの、正社員ではおよそ250〜400万円ほどの人が多いです。こういった施設の場合には外部委託や契約社員として勤務するという人もおり、それらの非正規従業員ではおよそ200〜350万円ほどと多少下がります。

スポーツトレーナーのやりがい

スポーツトレーナーは、スポーツ選手が試合で最大限のパフォーマンスを発揮した時に、その仕事の成果を感じることが多いのではないかと思われます。
例えばスポーツ競技団体に所属して働く場合には、その団体の選手が良い成績を残した時にやりがいを感じるでしょう。またスポーツジムで勤務する場合には、サポートした会員の身体にトレーニングの成果が現れた時などにやりがいを感じるかもしれません。
他者の成果が自分の成果にもなるというのは、喜びを分かち合えるという意味でとても素晴らしいことではないでしょうか。

まとめ

スポーツトレーナーは、スポーツ競技者や競技団体の運動に関する指導、また怪我の予防や治療などを行う仕事です。
特に必要な資格はなく、「はり師」「きゅう師」の資格を持つ鍼灸師などが活躍できる場になっています。
他者の成果が自分のやりがいになる素晴らしい仕事であり、目指す人も増えています。
>>鍼灸師になるのに必要な知識はこちら

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 中央校>
鍼灸・介護・精神
住所〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
お問い合わせ078-362-1294
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/