言語聴覚士

吃音(きつおん)とは?原因や対処法、周囲の人の関わり方を解説

みなさんは、吃音(きつおん)という障害を知っていますか?

吃音とは、発話障害の一つで、最初の音節を繰り返したりして、なめらかに話すことができない状態などを指します。

この記事では、そんな吃音の症状や原因、治療が受けられる場所や、周囲の人の関わり方などについてご紹介していきます。

続きを読む

失語症とは?言葉がうまく使えなくなる原因や症状、ほかの障害との違いを解説

海外旅行で、相手の言葉が理解できなかったり、自分の言いたいことが思うように伝えられなかった。

物のイメージはつくし、意味もわかるのに、それを表す言葉が出てこない…。

失語症とは、こんな風に誰もが一度は陥ったことのあるであろう現象が、日常的に起きてしまう言語障害です。

この記事では、そんな誰にでも起こりうる失語症の症状や原因、そのほかの障害との違いとは?について詳しく解説していきます。

続きを読む

ある日突然言葉を失う。誰にでも起こりうる言語障害とは?

皆さんは、海外旅行などで言葉がうまく通じずに苦労した経験はありませんか?

言語障害とはそのように、発声や発音、考える力に何らかの問題が生じて「伝えたい言葉が思うように出てこない」「相手の言ってることがよく分からない」という状態です。

そこでこの記事では、そんな誰もがおちいる可能性のある言語障害について、その種類や原因、治療法などについて解説していきます。

続きを読む

言語聴覚士によるリハビリとは

言語聴覚士によるリハビリとは

特殊な職業のため一般的な生活をしている人にとっては馴染みがないと思いますが、言語聴覚士は事故や病気で後遺症を負った方などに、子供から高齢者まで、幅広い世代にリハビリを行っています。
ここでは、言語聴覚士が行うリハビリについてお伝えしていきたいと思います。
続きを読む

言語聴覚士になるには

言語聴覚士は英語で「Speech-Language-Hearing-Therapist」となり、略して「ST」と呼ばれています。

「理学療法士」「作業療法士」と並ぶリハビリテーションの国家資格で、病気や生まれつきの障害などによって、話す・聞く・食べる・飲み込むことに不自由がある人に対して、言語能力や聴覚能力などを回復させるリハビリを行う仕事です。

今回はそんな言語聴覚士となる方法について、その資格の取得方法や詳しい仕事内容などについて解説していきます。

続きを読む

保育士になるには?仕事内容や資格のとり方を解説

子どもたちを預かって、ケガや事故がないよう見守りながら、その成長を手助けするのが保育士の仕事です。

この記事では、そんな幼児保育のプロフェッショナルである保育士となるために必要な資格やその取得方法について紹介。

さらに保育士の仕事内容や活躍している場所、似ている職業との違いなどについても詳しく解説していきます。

続きを読む

言語聴覚士になるための基礎的な学問

言語聴覚士になるためには、言語聴覚士の国家資格を取得しなければなりません。
そのためには、言語聴覚士養成校へ入学、卒業し、国家試験の受験資格を得る必要があります。
言語聴覚士の養成校には2年制・3年制・4年制があり、自分に合った学び方のできる学校を選ぶことが大切です。
言語聴覚士の国家試験で出題される内容について把握し、しっかりと準備するようにしましょう。
続きを読む

言語聴覚士に必要な能力とは?

言語聴覚士になるために身につけておきたい能力はどんなことか?
言語聴覚士という仕事をする上で大切な能力についてご紹介していきます。
続きを読む

言語聴覚士の学校を選ぶポイント

ポイントを教える女性

これから言語聴覚士を目指そうとしている人の中には、一体どの学校に通ったら良いか迷っている人もいるのではないでしょうか。
言語聴覚士について学べる学校にはさまざまな種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

そこでこの記事では「言語聴覚士の学校を選ぶポイント」をテーマに、それぞれの学校の種類における特徴をご紹介。どの学校がおすすめかを解説していきます。
続きを読む

言語聴覚士の資格を専門学校で学ぶメリットとは

専門学校の学生たち

言語聴覚士として必要な知識と技術を学ぶための養成施設には、大学と専門学校の2種類があります。
これから言語聴覚士を目指す上でどちらに通ったら良いか迷っている人は多いかもしれませんが、学ぶとすれば専門学校の方がメリットは多いと言えるでしょう。
この記事では、大学と専門学校の違いを比較することにより、言語聴覚士の資格を専門学校で学ぶメリットについて解説していきます。
続きを読む

1 / 3123