言語聴覚士の給料について

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の言語聴覚士科が執筆しています。

言語聴覚士になりたいと考えている方は、少なくないのではないでしょうか。
リハビリに携わる職業であるため、人を助けたいという思いが強い方が多いかもしれませんが、同時に給料や年収も気になるところですよね。
ここでは言語聴覚士の給料や年収について、ご紹介したいと思います。


  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の言語聴覚士科が執筆しています。

言語聴覚士の給料と年収

言語聴覚士の平均年収は、約400万円前後だとされており、平均給料で言うと25~30万円程度だとされています。
初任給で言うと、月の給料は22万円〜26万円くらいで、年収にすると300万円〜400万円です。
この額を高いか少ないか、どう捉えるかは人それぞれではありますが、勤務先によっては給料やボーナス込みの年収の振り幅があります。
収入を重視する場合は、給与形態や待遇に目を配るのが良いでしょう。
また、言語聴覚士として500万円以上の年収をもらうには、基本的に管理職を目指す必要があると言われています。

給料を上げるためには

地道に積み重ね

給料および年収を上げる手段の1つとして、就職した職場で、地道に経験年数を積むことで昇級を狙うという方法があります。
言語聴覚士も含め、医療に従事する職業の給料は経験年数と共に昇級していく仕組みである事がほとんどだからです。
我慢が少々必要とされるかもしれませんが、先々を見据えて言語聴覚士としての経験を積む、というモチベーションを持ち続けるのが最適かもしれません。

転職

ある程度の経験を積んだと自分に自信が持てるのなら、転職するのも、年収アップのための方法の1つです。
職場を離れるというリスクは相応にありますが、先程もご紹介したように、言語聴覚士に給料は勤務先によって差異があります。
また言語聴覚士の数が少ないという実情もあるので、経験という武器を使えば、自分が求める給料で働ける職場が見つかる可能性があるのではないでしょうか。

新たな資格の取得

言語聴覚士は、聞く・話す・飲み込むことのスペシャリストです。
なので、例えば聞く事に関する専門性の高い資格を取得すれば、更なるスキルアップが見込めるのではないでしょうか。
そして、仮に昇級審査や転職をする際には、専門性の高い知識を有している証にもなるので、給料と年収がアップするかもしれません。

勤務先は多岐に渡る

言語聴覚士の職場は多岐にわたる 言語聴覚士は病院などの医療の領域だけでなく、福祉や教育などの領域で働いている方がいます。
そのため、勤務先は総合病院や大学病院だけでなく、リハビリテーションセンターや老人保健施設、学校教育現場など多岐に渡ります。
このように言語聴覚士の勤務先は以前よりも増えているので、自分に合った雇用形態や待遇をきっちりと見極めことができます。
もしかしたら言語聴覚士の資格を得たばかりの頃は、選択肢があまりないかもしれません。
しかしながら経験を積めば、給料や年収が充分な勤務先を、自分で選ぶ事が可能になるのではないでしょうか。

モチベーションを見つけよう

言語聴覚士として働く上で、給料や待遇などは、気に掛かるポイントかもしれません。
ですが、言語聴覚士は人を助けるということから責任感も求められる仕事のため、給料面だけでモチベーションを保つには容易ではありません。
そのため、収入面以上のモチベーション、いわゆるやりがいを見出す必要があります。
実際に経験を積んだ言語聴覚士は、転職をする際には、やりがいを感じられる職場かどうかを判断基準にしているそうです。
ですので、生活のために年収に目が行ってしまうのは仕方ありませんが、それ以上のモチベーションを持てるような職場を選ぶのも良いかもしれません。

まとめ

言語聴覚士の仕事は人を支え、感謝されることも多いですが、人生に深く関わるため、責任感も求められます。だからこそ、頑張ろうと思えるやりがいを見出す必要があります。
そのため、給料やボーナス込みの年収という収入面だけでなく、モチベーションという要素も加味して、勤務先を選ぶのが適切かもしれません。
そうしていけば、いつしか給料が良くて、なおかつモチベーションになるようなやりがいを見出せる職場で働けるのではないでしょうか。

>>言語聴覚士になるために必要な知識全般はこちら

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 三田校>
理学・作業・言語・救急・義肢・整形靴
住所〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
お問い合わせ079-563-1222
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/