精神保健福祉士の将来性について

どのような職業においても言えることですが、その仕事の将来性はとても気になるポイントですよね。いま需要のある職業だとしても、10年後や20年後にどのように状況が変化しているかというのはなかなか想像がつきません。待遇の良し悪しなどの変化も起こりうるため、自分が就いている職業の将来性を案じている人は多いのではないでしょうか。
ここでは精神保健福祉士を目指す人のために、その将来性について詳しくお話ししていきます。

精神保健福祉士の待遇

医療機関や行政機関、福祉施設などにおいて、ソーシャルワーカーとして働いている精神保健福祉士。精神障がいのある人やそのご家族への援助、アドバイスなどを行っています。
精神保健福祉士の雇用形態は正社員(正職員)としての雇用が基本であり、様々なところで活躍しています。勤務する機関によって給与額や業務内容は異なりますが、基本的に給与形態は国家公務員に準じた形になっていることが多いようです。基本給に関してはあまり高い額ではないものの、各種手当やボーナスといった面で充実しているようです。
手当の内訳は資格手当のほか、住居手当、交通費などとなっています。

時代の変化と職域の広がり

福祉施設での精神保健福祉士の仕事は大変重要なものとなっています。
グループホームやケアサービス、その他に救護施設や児童養護施設などの場所で、精神保健を専門にケアを行なっています。
また、現代は「ストレス社会」とも呼ばれ、社会に全体的に「心の問題」が蔓延していることでも知られています。そのため、これまで精神障がい者やそのご家族への援助を主な仕事としてきた精神保健福祉士ですが、最近ではそのような「心の問題」に対してアプローチして改善を目指すことのできるよう、さらなる積極的な取り組みが求められています。
具体的にはハローワークや教育機関などにおいてのメンタルケアや、一般企業で働く人のストレス対策を目的として、精神保健福祉士の雇用も始まっています。
今後も社会全体において、精神保健福祉士の職域が広がっていくことが予想されます。

より身近になる精神保健福祉サービス

主に精神障がいに対しての取り組みを行っていた精神保健福祉サービスは、かつて一般の人とはややかけ離れた存在であり、いざ利用しようにも窓口にたどり着くことさえ困難な場合もありました。
しかしその対策として各市町村に精神障害福祉の担当窓口が設置されると、一般の人々の間にも広まっていくようになってきました。
また、これまで精神障がいは社会からやや遠ざけて考えられていましたが、近年は精神障がい者の社会復帰を後押しする働きかけが見られるようになり、雇用と福祉の結束を強くして精神障がいのある人が働くことのできる場を増やす政策も生まれています。
さらに、精神科病院から社会への進出を無理なく行えるよう、緩衝材としての生活訓練施設や就労支援事業などの社会復帰施設も増えてきています。
このように社会においての精神障がい者の扱いの変化が進んでいる中で、それらの人々を支える専門家である精神保健福祉士の需要はますます増えていくでしょう。

まとめ

精神保健福祉士は、医療機関や行政機関、福祉施設などで基本的に正規雇用されており、現時点で手当やボーナスなどの面では優遇されている職業です。
「超高齢社会」や「ストレス社会」の中で社会全体に「心の問題」が蔓延し、様々な場所において、かつてよりも精神保健福祉士の需要は増えてきています。
また、精神保健福祉サービスや精神障害福祉の捉えられ方の変化によって、今後もさらに求められる職業になっていきそうですね。

精神保健福祉士になるにはこちらをチェック

精神保健福祉士を目指すなら神戸医療福祉専門学校で学びませんか?

神戸医療福祉専門学校なら、精神保健福祉士の国家試験合格率が97.1%!(2018年度)、就職率は100%!(2018年度)

全国模擬試験で自分の実力を確認して弱点を克服でき、授業以外にも国家試験対策ゼミを実施。インターネットを利用した教材e-learningで、自宅学習もサポートします。大学卒業後の方、社会人経験者まで様々な年齢層の学生が在籍しています。クラスメイトは、年齢は違えど、同じ目的・目標をもった仲間なので、毎年、お互いに励まし合う雰囲気に満ち溢れています。

在校生の声

「地域の患者さんが来校し、リアルな実習ができる。」(理学療法士科4年生)

「集中して勉強できる4年制専門学校を選びました。」(理学療法士科4年生)

>>在校生の声の詳細はこちら

ご興味がある方はぜひ以下のリンクより学校の詳細をご覧ください!

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 中央校>
鍼灸・介護・精神
住所〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
お問い合わせ078-362-1294
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/