精神保健福祉士のやりがいとは

どのような職業においても、仕事をしていく上でのやりがいというのはとても重要なポイントですよね。
精神保健福祉士の仕事にも、様々なやりがいがあります。
ここでは、そんな精神保健福祉士の魅力ややりがいについて詳しくお話ししていきます。
  

精神保健福祉士の魅力

精神保健福祉士という職業の最も大きな魅力として挙げられるのが、国家資格であるという点です。社会的な信用度の高い国家資格を持っているというのは仕事や就職に関してだけではなく、普段の生活の中でもメリットとなることがあるかもしれません。
また、精神保健福祉士は特に社会的な貢献度の高い国家資格でもあるので、胸を張って仕事をすることができるでしょう。精神的な問題を抱える人へのサポートは無資格の人でもできるかもしれませんが、国家資格を持っている精神保健福祉士であれば、特に専門的なサポートをすることができるのです。

精神保健福祉士のやりがい

悩みを抱えている人の支えになることができる

カウンセリング精神保健福祉士の仕事は、精神科病院などにおいての生活相談業務になります。精神障がいがある患者さんやそのご家族のお話を聞き、抱えている悩みや問題を把握し、解決へと向かう手助けをします。
健常な人からするとなかなか想像しづらいのが、心の病気である精神疾患ですが、身体の病気と同様に患者さんは医師から告げられた病名と向き合い、一人ひとりがそれぞれに不安や悩みを抱えています。
精神保健福祉士は国家資格に保証された専門知識を活用し、そのような患者さんをそばで支えながら、一緒に問題の解決を目指すのです。患者さんやご家族にとって精神保健福祉士はとても心強い支えになるのです。
共に頑張った患者さんが社会生活に足を踏み出していく姿を見ることができた時には、この上なく大きなやりがいを感じることができるでしょう。

たくさんの人の人生を知ることができる

精神科の患者さんは、それぞれ様々な状態の精神疾患を抱えています。
そのような患者さんの相談を聞いていると、一人ひとりに様々な人生や生活もあることがよく分かります。患者さんの話を聞くことで、たくさんの人生を学ぶことができるのです。
精神障がいがある人は精神的に純粋であるという特徴があります。それゆえにストレスを抱え込みすぎてしまい、精神疾患を患ってしまうということが多いのです。そのような患者さんの言動や行動一つひとつに注目して見ていると、普段は気に留めないような人間の性質を知ることができたり、心が動かされるような出来事に出会ったりもします。
もちろん良い面ばかりが見られるわけではなく、対応が非常に難しい患者さんもいますが、しっかり向き合うことができれば、いずれ分かり合えた時の喜びも大きいです。
人が好きだという人にとっては、精神保健福祉士の仕事はとても学ぶことが多く、やりがいを感じられるものになるはずです。人の人生を知り、人間の本質を知り、そして自分自身の人としての成長につなげることもできるのが、精神保健福祉士という仕事なのです。

まとめ

仕事後の乾杯国家資格である精神保健福祉士は、社会的な信用度や貢献度が高く、誇りを持って取り組むことができる職業です。
精神疾患によって悩みを抱えている患者さんの支えになることができ、また患者さんとの関わる中で人の人生を知ることもできます。
人の成長を喜びながら、自分自身も成長することができる精神保健福祉士は、とてもやりがいの大きい仕事だと言えるのではないでしょうか。

精神保健福祉士になるための基本知識はこちら

精神保健福祉士を目指すなら神戸医療福祉専門学校で学びませんか?

神戸医療福祉専門学校なら、精神保健福祉士の国家試験合格率が97.1%!(2018年度)、就職率は100%!(2018年度)

全国模擬試験で自分の実力を確認して弱点を克服でき、授業以外にも国家試験対策ゼミを実施。インターネットを利用した教材e-learningで、自宅学習もサポートします。大学卒業後の方、社会人経験者まで様々な年齢層の学生が在籍しています。クラスメイトは、年齢は違えど、同じ目的・目標をもった仲間なので、毎年、お互いに励まし合う雰囲気に満ち溢れています。

在校生の声

「地域の患者さんが来校し、リアルな実習ができる。」(理学療法士科4年生)

「集中して勉強できる4年制専門学校を選びました。」(理学療法士科4年生)

>>在校生の声の詳細はこちら

ご興味がある方はぜひ以下のリンクより学校の詳細をご覧ください!

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 中央校>
鍼灸・介護・精神
住所〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
お問い合わせ078-362-1294
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/