精神保健福祉士とカウンセラーの違い

精神保健福祉士(PSW)と一般的にカウンセラーと呼ばれる臨床心理士は、いずれも人間の心の問題に関わっていく仕事です。
しかし精神保健福祉士とカウンセラーには大きな違いがあります。
それぞれどこが違うのかを見ていきましょう。


精神保健福祉士と臨床心理士で違う点

精神保健福祉士と臨床心理士で違う点としてまず挙げられることは資格の種類です。
精神保健福祉士は厚生労働省所管の国家資格であることに対し、臨床心理士は公益財団法人「日本臨床心理士資格認定協会」が発行している民間資格です。
心理系の民間資格のなかで最も信頼性の高い資格として位置付けられているのが、臨床心理士です。
そして、精神保健福祉士と臨床心理士は資格取得ルートでも違いがあります。
まず、精神保健福祉士の受験資格を得るにはさまざまな方法があり、高卒者や福祉系の大学を卒業していない人でも、養成施設に通って受験資格を得ることができます。
それに対し、臨床心理士は基本的には指定の大学院を卒業していないと受験資格が得られず、さらに資格の取得後に5年ごとの資格更新審査が義務付けられています。
そのため、社会的な信用度としては、国家資格である精神保健福祉士の方がより良い待遇で働けるケースが見られます。

仕事

また、精神保健福祉士と臨床心理士は精神病患者から一般の方まで、精神的情緒的な課題を持つ人と接していくという点は変わりませんが、仕事の内容で大きな違いがあります。
精神保健福祉士は、社会復帰を実現するために「生活レベル」でのアドバイスやサポートを行ったり、地域で利用できる福祉サービスの情報提供などのケースワークがおもな業務です。
一方、臨床心理士は精神病患者から一般の方まで、精神的情緒的な課題を持つ人と対象は同じですが、「心理的」な側面が強く、カウンセリングを用いり、個々の患者と深く接していき、心の問題を解決していくことがおもな業務です。
そのため、精神保健福祉士は日常の支援、臨床心理士は臨床心理技法によって相談者の心の問題を解決が目的となるので、仕事内容は別のものになります。

活躍の場

活躍の場
そして精神保健福祉士と臨床心理士は活躍できる場所でも違いがあります。
まず、精神保健福祉士は、おもに一般病院や精神科病院、精神科や心療内科クリニック、障がい者施設が挙げられ、近年では一般企業や公的機関など、福祉の領域で活躍しています。
一方の臨床心理士は、カウンセリングルームや、病院、NPO法人、一般企業があげられます。
しかし、今日の少子高齢化やストレス社会により精神保健福祉士と臨床福祉士の需要は高まっており、教育機関や司法施設、矯正施設、警察など多岐にわたっており、ますます活躍の場が増えることが期待されます。

まとめ

精神保健福祉士と臨床心理士は、精神病患者から一般の方まで、精神的、情緒的な課題を持つ人と接していくという点は共通しています。
しかし、資格の種類や仕事内容、さらには活躍できる場所などで違いがあります。
どのような場所で、どのような仕事を行っていくかをしっかり見直し、どちらの資格を取るかを検討してみてはいかがでしょうか。
>>精神保健福祉士になるための情報はこちら

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 中央校>
鍼灸・介護・精神
住所〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
お問い合わせ078-362-1294
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/