精神保健福祉士を目指す理由

精神に障がいがある方や、そのご家族の方たちの相談を受けたり、相談に乗ったり、さまざまな支援をする専門職が精神保健福祉士です。
精神保健福祉士として活躍している先輩たちは、どのような理由で精神保健福祉士の仕事を目指そうと思ったのか、見ていきましょう。
  

目指す理由

精神保健福祉士として働いている人が目指すきっかけとしても、さまざまなものがあります。
実際に精神保健福祉士に就いた人が、この仕事を目指した大きな理由として挙げられるのは「人々の助けになりたい」ことです。
では、どのように精神保健福祉士を目指そうと思ったのかを、見ていきたいと思います。

自身の体験から

まず1つ目は人間関係に悩みやすい学生時代の時期に、保健室の先生に支えてもらったことがきっかけとなり、自身の体験から志すパターンです。
そして、助けてくれた保健室の先生のように、悩んでしまったり、辛い思いをしてしまっている人たちに寄り添っていきたいという気持ちが増していき、精神保健福祉士への進学を決める人もいます。
さらに家族や友人・知人といった身近な人が精神疾患を患ったことをきっかけに、精神保健福祉士の仕事を目指すようになったという声は多く聞かれます。
また「精神障がいのある方、一人ひとりと向き合い、地域での生活ができるよう援助や相談、助言を行う」ことで利用者の助けになりたいという人もいるようです。

実習を経て

実習を経てまた、福祉系の大学に入学してから、実習などで実際接したことで、精神保健福祉士として関わっていきたいと志し、資格取得していこうと決めたパターンです。
臨床心理士や社会福祉士になろうと考えていた人が、実習で利用者や施設のスタッフと接し、触れあったことで、自分の将来の道が見えたという声も上がっています。
障がいがあっても一所懸命作業をしている人たちに出会い、その純粋な面に触れ、支援できる道を目指したいと考えることもあるようです。

以上のように福祉系の学校に入学する前、もしくは入学した後でも精神保健福祉士を目指すことができるタイミングがあります。

まとめ

精神保健福祉士を目指す理由の根底には「人の助けになりたい」という思いがあり、それは自身の経験、または入学してからの実習といった形で抱く人が多い職業です。
精神保健福祉士になりたいと思い始めたとき、もしくは目指す理由が明確に固まり始めたときは、精神保健福祉士がどのような仕事かを改めて調べることはいかがでしょうか。

精神保健福祉士になるための方法などはこちらでチェック

精神保健福祉士を目指すなら神戸医療福祉専門学校で学びませんか?

神戸医療福祉専門学校なら、精神保健福祉士の国家試験合格率が97.1%!(2018年度)、就職率は100%!(2018年度)

全国模擬試験で自分の実力を確認して弱点を克服でき、授業以外にも国家試験対策ゼミを実施。インターネットを利用した教材e-learningで、自宅学習もサポートします。大学卒業後の方、社会人経験者まで様々な年齢層の学生が在籍しています。クラスメイトは、年齢は違えど、同じ目的・目標をもった仲間なので、毎年、お互いに励まし合う雰囲気に満ち溢れています。

在校生の声

「地域の患者さんが来校し、リアルな実習ができる。」(理学療法士科4年生)

「集中して勉強できる4年制専門学校を選びました。」(理学療法士科4年生)

>>在校生の声の詳細はこちら

ご興味がある方はぜひ以下のリンクより学校の詳細をご覧ください!

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 中央校>
鍼灸・介護・精神
住所〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
お問い合わせ078-362-1294
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/