幅広い年齢の人が目指すことのできる鍼灸師

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の鍼灸科が執筆しています。

世の中には、目指すのに年齢制限があったり、年齢によっては不利になってしまったりする職業もたくさんありますよね。
鍼灸師においても、年齢が理由で目指すことを諦めてしまっている人がいるのではないでしょうか。
しかし鍼灸師は、実は年齢に限らず目指すことのできる職業です。
ここでは鍼灸師と年齢の関係について見ていきましょう。

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の鍼灸科が執筆しています。

幅広い年齢の人が目指す鍼灸師

鍼灸師を目指す人の中には、幅広くさまざまな年齢の人がいます。
実際、養成機関である専門学校や大学には20歳前後の学生だけではなく、30代や40代、さらには50代で入学する学生の方もいます。
他の業種や職種から転職する人が比較的多いのが鍼灸師の特徴となっているのです。
自分が鍼治療や灸治療を受けた経験から鍼灸の業界に興味を持つ人や、手に職をつけて長く働くことのできる仕事をということで鍼灸師を目指す人など、多くの人がさまざまな理由から鍼灸師への就職、転職を考えています。
社会人から目指す人も多く、一度他分野の大学を卒業して社会に出て、その後に鍼灸師の養成機関に入学する人もいらっしゃいます。

最短3年で国家資格を取得できる

鍼灸師になるための「はり師」「きゅう師」の国家試験を受験するためには、まず受験資格を得る必要があります。
「はり師」「きゅう師」受験資格は、鍼灸の専門課程のある養成施設に最低3年通うことで得ることができます
つまり年齢に限らず、社会人の方でも3年で国家試験を受験し、国家資格を得ることができるのです。

鍼灸師は年齢でのデメリットが少ない職業

年齢のデメリットが少ない鍼灸師ここまでのお話でなんとなく分かるかもしれませんが、鍼灸師は年齢によるデメリットが比較的少ない職業であるとされています。
これは働く上ではもちろん、目指す上でも同じことが言えます。
鍼灸師になるための資格である「はり師」「きゅう師」の国家試験の受験資格には年齢による制限がなく、そのため何歳の方でも
養成機関でしっかり学ぶことができれば、国家資格を取得することができます。
養成機関の入学者にもさまざまな年齢の人がいて、下は高校を卒業したばかりの18,19歳から、上は50代の方まで幅広い年代の人が入学しています。他の学校を卒業して他業種で働いていた方や、それまで専業主婦をしていた方などが入学するということが珍しくないようです。

鍼灸院の開業を目指すことも可能

鍼灸師は、開業権が認められている数少ない医療職の一つです。そのため、国家資格を取得することができれば開業することが可能です。
現実的には現場での経験や実績を積んでからの開業が一般的ではありますが、最終的な目標として開業を目指すということができるのは大きな魅力なのではないでしょうか。
近年ではスポーツ鍼灸や美容鍼灸などの分野も注目され始めているため、開業の形の幅も広がっています。自分のやりたい仕事に合わせて、どのような鍼灸院を開業したいのか考えておくと良いかもしれません。

まとめ

鍼灸師は20代から3~40代、さらには50代の人も取得を目指している国家資格です。
最短3年で受験資格を得ることができ、国家試験の合格率も高いため、どなたでも目指すことが可能です。
年齢的な不安は誰でも抱いてしまうものですが、社会人として働いていて医療職に興味のある人はぜひ鍼灸師への道を考えてみてはいかがでしょうか。

鍼灸師になるために必要な知識全般はこちら

鍼灸師を目指すなら神戸医療福祉専門学校で学びませんか?

神戸医療福祉専門学校鍼灸科では、過去5年の国家試験の合格率は、「はり師」「きゅう師」ともに92.9%

高い合格率に裏付けられ、希望者の就職率も6年連続100%に達しています。

ご興味がある方は、ぜひ以下のオープンキャンパスや鍼灸科の詳細情報をご覧ください。

卒業生の声

「25歳で開業、今では1日30名以上の患者様を治療。2017年に2店舗目も」(2010年度卒業)

「鍼灸とエステを融合させた施術を行うサロンで活躍中」(2013年度卒業)

>>卒業生の声の詳細はこちら

ご興味がある方はぜひ以下のリンクより学校の詳細をご覧ください!

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 中央校>
鍼灸・介護・精神
住所〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
お問い合わせ078-362-1294
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/